非ゆとり世代の本気!?「カプコンクラシックスコレクション」レビュー

 まあ、私も何だかんだで所謂「懐古ゲーマー」の気がありますので、中々偉そうな事は言えませんが。

 インターネットで、ゲームレビューなんかを拾っていると、
よく「最近のゲームはヌルい」という意見を目にします。
 しかし一方で「最近のゲームは難しすぎる」という意見も同じように入ってきます。

 同じゲームでも、感じ方は人それぞれですので、一概には言えませんが、前者はRPGなどの,腰を据え、頭を使って行うもの。後者は対戦格闘やシューティングなどの、短時間で行われる主に反射神経が試されるゲームで聞かれる事が多いかなあと、全体的な意見を見た感じ思います。

 まあ、難しいとか簡単とかは置いといて、昔のゲームから色々進化・発展を繰り返した分、複雑になり、その分どちらも一見して取っつきにくくなったようには思います。
 しかし、個人的には「複雑になった」とは思いますが、「難しくなった」とは思えません。
というか、↓をやったらそんな事は思えなくなると思います。 

 
カプコン クラシックス コレクション Best Priceカプコン クラシックス コレクション Best Price
(2007/09/13)
Sony PSP

商品詳細を見る


 はい、カプコンクラシックスコレクション(PSP)です。
収録されているのは、1984~1994までのアーケードのアクション・シューティング等19作。
 どれもこれも骨太なやつらばかりです。

 
 例えばですが、今私がフラッとゲーセンに行って、何か今普通に流通しているシューティングを適当にやったら、それが今までやった事の無いものでも、最低1面は突破できると思います。
 まあこんなのは自慢でも何でもありません。きっと多くの人がそうでしょう。

 しかしまあ、このゲームでプレイして、1面で呆気なくゲームオーバーになったゲームの何と多い事か!
 一般的に難易度の高い事で知られる、魔界村の3作は当然として、(初代は何とか2面まで行きましたが)1942や、バルガス戦場の狼ガンスモーク…どいつもこいつも、20年弱積んできた(へぼ)ゲーマーライフの実績を笑うような難易度です。
 正直難易度変更どころか、公式チート(後述)使ってもキツいです。

<ゲームそのものの評価>
 収録されている各種ゲームではなく、全体のシステム回りなどの評価。

 とりあえず、各ゲームの説明がやや不親切だと思います。
特に困るのがアイテム周りで、各ゲームで手に入るアイテムにどんな効果があるのか、さっぱり分かりません。せめてアーケードのインストカードに載っているくらいの情報は欲しいなあと思うのです。

 また、このゲームでは各ゲームごとに公式チートというのがありまして、戦場の狼で爆弾が無限に持てたり、魔界村で自由に武器が変えられたりといった、ゲームがある程度簡単になるチートが手に入るのですが…。
 これを手に入るためには、ゲームをプレイして手に入れるコインを使ったスロットゲームで、特定の絵柄を揃える必要があり、とても面倒臭いです。
 まあ、言ってみればおまけ要素なので、無視しても良いのですが、
作品ごとのチートより、スロット用のチートを用意してほしかったです。

 あとは、一部ゲームがPSPでプレイしずらい事がありますが、まあこれはソニー側の問題ですね。

 後は印象に残っているゲームの各種感想へ。

・戦場の狼
 骨太いアクションシューティング。
 主人公は8方向に弾が撃てるのですが、
銃弾のリーチが予想以上に短く、またキーの都合で斜めに撃ちにくいので、狙うのが非常に厄介。
 斜めに走ってくる敵もとてもいやらしいですが、
それ以上に、画面端からいきなり現れるバイクの方が危険。何度轢かれた事か…。

 最高で4面まで進めました。
難しいゲームですが、不条理感は薄いので(今の所)、頑張ればいつかクリアできるんじゃないかという気にさせてくれます。

・ガンスモーク
 マカロニウエスタンアクションシューティング。
 2丁拳銃を操る主人公はボタン操作で6種類に弾を撃ち分けられるのですが…。
こっちはPSPの仕様云々関係なく、無理だと思わされます。
咄嗟の撃ち分けなんて、とてもとても。
銃弾のリーチ制限があるのは、戦場の狼と同様。
こっちはアイテムで射程を伸ばせますが、その分死んで元に戻った時の絶望感は高いです。
 アイテムがあるため、死んでも同じ条件でトライと行かない分だけ、こっちの方がクリアは厳しいかな。
 現在2面までしか進めてません。

・ザ・キング・オブ・ドラゴンズ
 剣と魔法のベルトスクロールアクション。
 敵ごとにパターンはあるものの、慣れないとボスの攻撃の対処法が分からず、接近しての殴り合いというゴリ押しプレイになりがち…と初回ファイターを使った時は思ったのですが、
 弓使いのエルフを使ってみるとあら不思議!
 いかに敵の接近を許さずに、敵を狙撃するかという別ゲーに。
多分プレイして、一番面白いのがこのキャラでしょう。
装備品やレベルアップの概念はあるものの、アイテムを拾えば強化・経験値が貯まればレベルアップと、特に選択の余地なく強くなっていくので、さして面白い要素では無いです。
 その場復活&無限コンテニューのため、クリアは楽。

・ナイツ・オブ・ザ・ラウンド
 剣と魔法のベルトスクロールアクションその2。
 個人的には「ザ・キング~」の方が好き。
 使用キャラの斧男の頭悪そうな感じは良いです。使いにくいけど。

・超浮遊要塞EXED EXES
 縦スクロールシューティング。マクロスとは関係ない。
 難易度は「戦場の狼」程ではなく、その場復活。
そのため、頑張ればその内クリアできるはずなのですが…。
 音楽やボスが単調で、ステージ間のメリハリが無いため、クリアより先に気力が尽きました。
 とりあえずステージ数が2桁に行った所までは確認。

・SONSON
 孫悟空横スクロールシューティング(?)
妖怪どもを蹴散らし、時に果物に変えながら天竺を目指すゲーム。
 結構ポップな作りながら、程良い難易度に、単純ながら独特のシステムで、中々熱くなれます。
 しかし厄介なのが、復活時の無敵時間の短さ。動き出せるようになる前に切れる気が…。
 あと、斜めに飛んでくるトンボのウザさは異常です。

 PCエンジンでやりこんだソンソンⅡが懐かしい。良作でした。

・魔界村シリーズ(三作)
 無理です。
 雑魚の連携の上手さが半端無い。何でこいつら雑魚の癖にこっちの動き見てるんだよ…。

・ストリートファイターⅡシリーズ(三作) 
 PSPでプレイしにくいゲーム筆頭
何か斜めに入りにくい十字キーに(溜めキャラは鬼門)、Lボタンで出る強パンチと、
面白いくらいままなりません。
 公式チートの攻撃力増加で、一発一発がサムスピみたいな威力になりますが
それ使ってCPUと対等じゃないか?とすら思えます。
 あと、どうせだったらチートに「飛び道具が誘導弾に」とか欲しかったなあ…。

 全体的には面白いのですが、やっぱりPSPのせいで歯がゆい思いをしている気がします。
よく皆こんなコントローラーでモンハンとか出来るなあ…。(やった事無いけど)
 それとも新型PSPだと、もうちょっとプレイしやすいんですかね?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2009-06-24 16:46 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード