スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

家族ゲーム(電撃4コマVOL.166)感想。


家族ゲーム、壁ドン祭のバレンタイン回です。
とはいえそこまで予想外の展開が無かった分、壁を殴る回数は少なめですが…。

そして家族ゲーム10巻が4月27日に発売決定!
いやあ、ついに来ますね。話としては、VOL.111124の間。
下書き掲載回もあったはずなので、加筆修正も楽しみです。


・舞依&由寿&朱音&永妙寺によるバレンタイン準備。
前回に続いて、舞依&由寿&朱音の組み合わせです。
最近メインキャラの恋愛も一段落してきましたし、
そろそろ占野家を取り巻く恋愛模様も本格進行していきそうですね。
…まあ、今まで進行が遅すぎた感じはありますけど。

とにかく今回、由寿が実兄への想いをカミングアウトしたというのは、
今までの由寿と比べて大きな変化かなと思います。
これ、真言や悟にもまだ話していない事実なんですよね。
それを話せるくらいに大人になったということなのか、それだけ舞依に真剣に考えてほしい事なのか…。
しかしずっと「由寿は舞依の兄への愛情で悩みそう」と思っていましたが、
蓋を開けてみたら、むしろ舞依を煽るとは…。
もうこれ、永妙寺にツッコめる立場じゃないですよ。

あと、「彼女から貰うから」という理由で泰敬将敬は舞依から貰えない所だったのに、
恋人からしっかり貰ってるくせに、義理チョコ貰える悟はずるいと思います。

・相変わらずの原&逸成。
お前らバレンタインだというのに何やってるんだ。
…いや、もう彼らに本命チョコとかそういうイベントが無いのは分かりきっていましたけど、
何故折角のバレンタイン回なのに、何故原&逸成が2ページも占拠しているのか
ぴよちゃんとか紫杏とか奏那とか…(イベント無さそうだけど)鮫島さんとか、
バレンタインに出て欲しいキャラは沢山居たので、ここはちょっと残念でした。

しかしこの漫画に対しては、
がっつりゲーム系の話をしているより、色んなキャラがキャッキャしてる方が興味持てるんですよね。
我ながらすげえ我儘な感想だと思います(なんとなくゲーム系なのに)。

・小太郎君の許嫁が完璧すぎる件。
許嫁話で一気に渦中の人となった小太郎君ですが、その許嫁も写真だけ登場。
やっぱり丹藤さんとは違いました。
で、そのお相手の福岡合歓(ねむ)さん27歳。
胸が大きくて可愛い27歳で、
しかも許婚に乗り気、というか小太郎がモロ好みという激レア物件でした。
しかしこれ、世間一般的には完全に上位互換キャラで地井ちゃん立場無いと思う所でしょうけど、
描いてる芹先生的には年上化&巨乳化は下位互換なんじゃ…。

それはともかく、
小太郎君と原は、見た目おでぶさんで、
「自分みたいのに惚れる女は居ない」と卑下して二次元傾倒していた所も一緒なのに、
片やちびっ娘同級生と年上の巨乳童顔許嫁の2択を選べる超リア充になっているのに、
片や自分を「そういう生き物」と思うまでに卑屈さをこじらせているというのは、
流石に酷い格差としか言いようがないですね。
原と小太郎、どうして差が付いたのか。
…まあ、こればかりは環境の差でしょうね。原ちゃん可哀想。

・結、大いにすれ違う。
やばい、結の株が上がりっぱなしですよ。
授業終わって即行で大学までわざわざチョコを渡しに来る行動力に、
そこまでやっておきながら直接渡さず、
真菜香に「飯塚先輩に渡してもらった方が喜ぶと思うから」言ってしまう健気さが実に可愛い。
そして高校にチョコ貰いに行った坂上とすれ違ってしまう辺りも、
私の不憫センサーにウォンウォン響きますよ。
「行動力がある」「自分に自信がない」「健気」「不憫」と、何コレ正統派ヒロイン。
ぶっちゃけ今、作中で一番ラブコメらしいことをしているキャラですよね。

その一方で、
今回のこの展開にもまるで関心の無い様子の真菜香を見るに、
本当に坂上→真菜香のフラグは折れてしまっているみたいですね。これは残念。
地井ちゃん→小太郎の「全然気づかれていなかった気持ち」は、
坂上→真菜香とちょっと被る所があるから、
前回地井ちゃんから話を聞いた真菜香が坂上への意識を変える展開も、あって欲しかったんですが…。

・隆二はそもそも恋愛してしなかった。
「そもそもゆかりに好意を抱いている訳では無かった」という、
家族ゲームでは結構珍しいアンサーですねこれ。
確かに過去の描写でも、周りが勝手に隆二の言動を深読みしているだけで、
特に具体的に好意を抱いている描写というのは無かったんですよね。
クリスマスも何かしそうでしなかったし、その辺は特に矛盾していないとは思うのですが…。

でもこれで隆二→ゆかりっぽかったのが皆の勇み足で終了となると、
なんというかこの一連のエピソードがなんだったのかという話になってしまいますね。
もっと言ってしまうと隆二君自体が「なんだったのコイツ」になってしまう気がします。
ここから恋愛とは別に発展する流れが何かあるのかなあ。
単に「(自分とは釣り合わないから)生まれ変わったらああなりたい」というのだと、
また恋愛現実逃避の原タイプが増えるだけだし。

・荒ぶる葵。
ここ数ヶ月自重モード入っていた葵ですが、
流石に反省(?)してか、バレンタインなので後ろから抱き着いてチョコあーんですよ全くもう!
なんだこれ、物凄くエロい。
まだ胸元見せてた方が恥ずかしくないような…。
やっぱり葵は、
アレやコレやの直接的なやりとりを拒否しつづけた結果、
よりコアなエロスを提供している感じがありますね。

しかし、就職決まって葵が成人するまでで「あと2年」かー。
それまでに結婚式をやってそうな気もしますが、婚前交渉は無しなのでしょうか。
流石に悟たちが卒業したら連載も終わるんじゃないかと思っているんですけど、
もうここまで来たら子供作って欲しい気もしますね。

・そんなに荒ぶらない真言。
一方で、そんなに暴走していない真言。
まあこの二人は実際行き着くところまで行っちゃったし、最早夫婦感すら出ていますね。
「…痛いし苦しいけど…良明くんがその気のときは言ってくれれば…」とか言っちゃってるし…。
しかしこれ、すっげえ殺し文句ですね。

あと、「友だちのおかげで知識はあるので」って言っていますけど、
真言とそういう話する友達っていたのか…。
誰でしょうか?
窓香…は、BL知識だからちょっとズレてるし、
由寿も、兄夫婦の一件でそういう知識はついてるでしょうけど、流石にこれは話しにくいでしょう。
永妙寺は論外ですし、作中に登場していない友人がいるんでしょうかね。
弥生の例(※)を見るに、
真言は社交性あるんで、そういうタイプの友達もいるかもしれません。

※高1の学校祭で真言を「遊佐さん」と呼んでいた弥生が、
成人式で再登場したときは「真言」と呼んでいたので、
作中で描かれなかっただけで、学校生活を送るうちに仲良くなったものと思われます。



・舞依と由寿、朱音のセルフ修羅場。
3人とも酷いことするなあと思いました。
流石に占野兄弟も、これはどうしていいのか分かんないでしょうね。
でもこれ、由寿と朱音としては、舞依に彼氏を取られる可能性というのも一応ある訳で、
それを考慮しても、出来るだけ舞依の気持ちと真摯に向き合いたいという気持ちから出た行動なんでしょう…と、一応フォローしておきます。
確かに、兄たちが彼女にかまけて舞依がへそを曲げる展開は今まで何度かやっていたので、
舞依と一緒に楽しむ方向にシフトするのは良いかもしれません。
結局まだ恋愛発展しそうにないですけど。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2013-03-01 23:02 : 家族ゲーム(電撃4コマ) : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
いつも通りのバレンタイン回でしたね。ぴよちゃんとか紫杏とか、見たいカップルはまだまだありましたけど、面白かったですね。

大学パートにて何気に神奈さんの薬指に指輪がありましたね。3人一まとめだった中一人だけ微妙に恵まれているこの状況。やっぱファンの愛ってやつなんでしょうか。

今までは坂上×真菜香推奨派だったんですけど、今回で結ルートを推したくなりましたね。健気なのに不憫。いいじゃないか。
2013-03-01 23:26 : 赤髪の探偵 URL : 編集
Re: No title
>>赤髪の探偵さん
出てきてほしいキャラが多過ぎて、期待値高すぎる感はありましたけど、今回も面白かったですね。
神奈さんは本当に(ファンの所に)お嫁に行っちゃうみたいでビックリですよ。
逆に言えば、私がここで書きまくっていれば、
ひょっとしたら、鮫島さんを娶れる可能性もあるという事ですけど。

結さんは報われて欲しいですね。可愛いし健気だし。
しかしその一方で、坂上×真菜香展開もあって欲しいと思ってしまうのですが、
流石に今回の展開を見るに、これは諦めた方が良い気がしてきました。
2013-03-01 23:45 : ノノック URL : 編集
No title
どうもお久しぶりです
受験は無事に終わり4月から大学生になることができそうです。(この前は名前を入れ忘れてしまいましたが)今後は以前とおなじように感想を書かせていただきます。

由寿が実兄への想いをカミングアウトしたのは驚きましたね。しかも、舞依&永妙寺という年下2人に(同級生よりはしやすかったんでしょうか?)
しかし、紫杏と輝明が出てこないのが残念でした、一番期待していたんですが・・・

それにしても鈴城先生のバレンタイン回は見てて和めますね(彼女いない自分でも)。
2013-03-03 22:45 : 光 URL : 編集
Re: No title
>>光さん
大学合格おめでとうございます!
自分の大学生活を省みてアドバイスすると、
大学生活で一番試されるのは、何をおいてもコミュ力だと思うので、
とりあえず何かサークルに入ってみると良いですよ。

由寿は真言にもまだ話してないので、一生秘めていくものだと思ったんですけどねー。
立場上舞依に対しては、色々と思う所があるのかもしれません。
紫杏と輝明は、ひょっとしたら誌面に載せられない事をしている可能性もありますから…。
というのは冗談ですが、この辺のカップルが出なかったのは確かに残念でした。来月だけでも…。
2013-03-03 23:13 : ノノック URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。