スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

『らんだむダンジョン』はじめました。


積みに積んだゲームの事は置いといて、
久しぶりにフリーゲームを初めてみましたよ。
各種レビューサイトなどでも評判の良い、『らんだむダンジョン』です。
現在レベル13。賞金首のレッドスーツとユキメは討伐しました。

ストーリーはほとんど説明されず、
女戦士アナンタと女僧侶シズネと女トリックスターベネット残念だったなあ、トリックだよが、
町の活性化のため(?)、町外れのランダムダンジョンに潜りまくる、
かなりライト感覚のゲームです。


とにかく戦闘のテンポが最高に良いですね。
決定ボタンを押しっぱなしにしていると、2秒くらいで敵味方全員行動しています。
これのおかげでサクサク進んでいけます。
ランダムダンジョンをひたすら潜る仕様のゲームなので、これは嬉しい。

そしてとにかく明るく楽しい世界観で、これが面白い。
特に世界が何かの危機に晒されている訳でも無く、
主人公たちに切羽詰まった事情がある訳でも無いので、使命感などまるでありません。
また、アイテム説明も良い意味ではっちゃけていて、
「旅人の服:各地にチェーン展開しているヨニクロさんの服」とか、
「水中眼鏡:本当は水中で使って欲しいんだろうけど、そんな機会は無いから私達は地上で使います」とか、
かなりフリーダムな文章が書かれてるので、アイテム収集にも力が入りますね。
こういう要素があるだけでやる気が出ます。

ゲームバランスとしては、
今まで私がやってきた他のフリーゲーム、
魔王物語物語』や『Ruina』、『イストワール』と比べると、楽にプレイできるゲームですね。
「全滅がノーリスク(町に戻されるだけで何のペナルティもない)」という一点だけでも余裕持てます。
他のゲームだったら、
「これ行けるかな…でもここで全滅したら今まで手に入れたアイテムが…」と迷うところで、
躊躇なく特攻できるのは大きいです。
逆に言うと、この仕様のお陰で大分緊張感は削がれてしまっているんですけどね…。
という訳で、今は「賞金首の適正レベル未満撃破」を積極的に狙っていっています。
これを狙いに行くとゲーム性がガラリと変わって、
下手にレベルを上げられなくなり、取得経験値がそのままタイムリミット的な役割になります。
とはいえ、流石に適正レベルから4つも5つも下で賞金首に挑むのは無謀…ということで、
常に適正レベルギリギリで挑む計算をしながら進む必要が出てきます。
しかし装備が不十分だと思ったら、
探索してアイテムを集められるくらいの余裕は残しておきたい…という訳で、
その辺を考えてやるのが楽しいですね。
「“ちょっと強い敵”(黒い幽霊っぽいシンボルのヤツ)からは逃げられない」という仕様がニクいです。

適正レベル以下での賞金首撃破は、
レッドスーツ、ユキメは死人を出しながらもなんとか勝てたんですが、
誘惑のエイディーン一行には返り討ちに遭ってしまいました。
全体回復が無いから全体攻撃撃たれると厄介なんですよね…。
後はメインアタッカーであるアナンタの攻撃能力がイマイチなのをなんとかしたい。
死霊系には有効なスキルがあるんですが、あとは<呪文を使うな>の魔封くらいしかやることないですからね。
HPが多いのは良いんですけど、精神力の都合か相性のせいか他のキャラより魔法ダメージ多いし…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2013-03-25 22:47 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。