スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

『らんだむダンジョン』その3―ナ、ナ、ナ。


今日も今日とてダンジョンに潜る、
アナンタとベネット、そしてシズさん。
いやホントすいません。今の今まで間違えて覚えていました。
「人の名前を覚えるのが苦手」という設定のアナンタでも、
ベネっちとシズナの名前は覚えていたというのに。


地下10階以降をウロウロしますが、普通に敵が強くてなかなか進めません。
こういう状況だとやはりベネットの<首吊り人形>の即死効果が頼れますね。
現状肝心のアタッカーであるアナンタさんの火力がイマイチ…。
敵全体の魔法を封じる効果の<呪文を使うな>とかあるし、戦士としては頑張ってはいるんですけどね。
あと地下10階以降で、たまに他の冒険者とエンカウントすることがあって、
ツンデレお嬢様っぽいアデライーデさんとお話ししてどんどん仲良くなっています。

さて、そうこうしていると、
見た目イケメンなのにあんまり頼りにならないラルフ君から
冒険者稼業を心配して連れ戻しに来た姉さんの説得を頼まれます。
しかしそれに対しての、
「冒険者なんて家族に心配させてなんぼの商売」という返しは実にその通りだと思います。
冷静に考えたらロクデナシみたいな職種ですからね。
結局替え玉作戦に出ますが、
これは当然アナンタの発案なので失敗します。
姉のリアクションから、ラルフ君に何か家庭の事情がある気配を感じますね。
ラルフ君はその辺あんまり語りませんが、「冒険者ってたいてい自分語りが酷いんだけどさ」とこれまた名言。

それはともかく、
レベルが22になった所で、阿修羅に戦いを挑んでみます。
コイツはひたすら物理をやってくるみたいなので、
アナンタに打撃耐性のある「フルプレートメイル」を装備させた上で、
スキルの<私に任せて!>を使って攻撃の手を集中させれば、それほど怖い相手では無かったりします。
一番怖いのはターン経過で集中効果が切れた時に他2人に攻撃されることでしょうか。
とはいえ、それさえ耐えられればなんとかなります。
撃破し、「阿修羅自在剣」他アイテムもゲット。
全体攻撃武器は貴重なので大事に使います。

さて、なんか主人公なのに微妙な感じだったアナンタさんですが、
<私に任せて!><一閃>を覚えてから急に頼れるようになりました。
壁役ができればシズナさんの単体強化呪文も生かしやすいし、やっぱり戦士系は火力と壁でなんぼですよ。
対してシズナさんはやはりイマイチ。
<リカバー>による全体回復は頼りにさせてもらっているですけど、何分動きが遅いのがなー…。
と思っていると、ベネっちが「シズネの鈍足をなんとかしたい」とタイムリーな依頼を持ってきました。
とうとう作中でツッコまれてしまいましたね。
という訳で特訓。敏捷+10に敏捷+3のアイテム5個とかなり大きな報酬です。
とはいえ、これだけ強化してもやっぱり遅いんですが。

更に何度か潜ると、再びラルフ君の依頼。
相変わらず姉説得のために頑張っているみたいで、説得道具としてドラゴンの宝を獲ってこようという依頼です。
という事で、まさかのパーティーイン
レベル31って、なんだ強いじゃないかラルフ君。
しかしスキルが見事なまでに補助回復系ですね。やっぱ向いていないのでは…。
ドラゴンの巣へと向かいますが、流石に敵が強くて無理っぽいのでさっさと帰ります。
ケルベロスとミノタウロスが一緒に出てくると厳しいなあ。
正直、今アナンタの装備している「肉球にゃーにゃ」のスタン効果が出ないと、
三回攻撃でボコボコにされてしまいますので、もうちょっと装備はなんとかしたいところです。

いっそ先に進んでもうちょっと良い武具を拾った方が良いのではないかと、
第2階層ボスの両目を塞ぐ悪魔に戦いを挑みます。
このボスのメインは斬撃と暗闇効果の攻撃なので、
アナンタに「カツオブシアーマー」着せて<私に任せて!>を使わせれば良い勝負になります。
しかしある程度ダメージ与えて使ってくる、睡眠攻撃からの睡眠状態即死攻撃でボッコボコにされたので、
睡眠耐性も揃えてリベンジ。
と、これだけやれば良い勝負はできるんですが、結局ブリザードⅢなんかを連発されて全滅。
良い立ち回りはしていると思うんですが、どうにも勝ちきれないのはレベルのせいですかね。
先を行くのは諦めて、もうちょっとレベル上げとレアアイテム漁りに精を出します。

少し稼いだら、復讐者ネレイドに挑みます。
適正32の彼女らにレベル29で挑むのは少々無謀な気がしますが、
まあ相性見るだけでも意味はあるので一戦交えることに。
序盤はとにかく右側に集中攻撃。
そこまで痛い攻撃はされないので、シズナが早めに回復すれば特に問題なく片方撃破。
スタンが有効なので、ベネットのOD技<ホイップウインド>に助けられましたね。
で、片方を倒すともう片方がごっつい全体攻撃をブチかましてきます。大体ダメージが1500くらい。
これでベネットが死ぬし絶望的状況だったのですが、他の攻撃はそこまで痛くないのでなんとか立て直せました。
見事一回目のチャレンジで撃破。やれるものですね

さて、大分強くなったと思うので、ラルフ君のイベントを消化します。
山を登っていくとガーディアンが居座っていますが、これは3ターンくらいで楽に撃破。
これで終わりかと思ったら、やはりドラゴンが居る模様。
当然倒すつもりになるアナンタたちに対し、ラルフ君は「僕なんかができる訳が」と卑屈になってしまいます。
あー…回復に特化したスキルも彼なりに一生懸命にやった事だったのか。スマンラルフ君。
ともかくそんなラルフ君を説得し、4人で龍に挑みます。
「頭の良い奴を黙らせるには、呆れさせるか、胸を打つかだ!」というのは良い台詞ですね。
このイベントは意外とアツい展開でした。良い意味で。

という訳でVSスカイドラゴン
弓と風に弱いということだったので、アナンタとベネっちは弓を装備していきます。
そこそこ良い勝負になりますが、後半、麻痺から一気に崩されてあえなく全滅。
うーん、麻痺耐性はつけておかないとどうしようもないですね。という訳で再戦。
ゲストのラルフ君は自動行動なんですが、
HP回復とバステ回復のどっち使うか分からないのは困りもんですね。
とはいえきっちり回復しながらやっていればなんとかなりました。イベントクリアー。
コンフューズガードを人数分持ってきていればもうちょっと楽だったかもしれません。
報酬はかなりショボ…ムニャムニャですけど、まあとりあえず良し。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2013-04-05 17:56 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。