スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

らんだむダンジョンその7―固有イベントは毎度毎度ガチ。


実はもうプレイ時間が25時間に達しようかというこのゲーム。
プレイ日記も相当端折って書いているんですが、
まだまだ終わりは見えません。メガテン4発売までに終わりますよね…?


・女神オブダンジョンさまが依頼をしてきました。
なんか宝箱が盗まれてしまったらしいので、取り戻してほしいという依頼です。
実にモヤっとした依頼ですが、まあ適当に探索ついでに果たすとしましょう。

・ダンジョン内ではらぺこイエティと戦闘。
アナンタに<プライドバウト>させて殴るいつものパターンで戦いますが、
普通に攻撃が痛くて非常に厳しい戦いになります。
<リカバーⅢ>使っても回復が間に合わないような状況にもなるので、
アナンタ以外が必死に回復してなんとか持たせ、攻撃はとにかくアナンタに頼ります。
上手い事クリティカルが出て、なんとか撃破。
プライド×クリティカルで、ダメージが15000くらい行きました。ビックリ。
で、こいつが女神の箱を奪った犯人でした。
ちなみに女神の箱の正体は、お菓子箱でした。なんだそりゃ。
とはいえ、女神さまからおすそ分けを貰い、報酬としてはまずまず。

・拾った武器、の宿屋イベントが起こります。
「出オチも3回繰り返せば、立派な芸」とはなかなか至言じゃないでしょうか。
実際この太刀魚さんともここまで長い付き合いになるとは思っていませんでしたしね。
「太刀」が太刀魚だった時点で予想外なのに、
「氷結の太刀」が冷凍太刀魚で、更に堂々と「鮫」となって再登場するとは思いもよりませんでした。

・レベル82で四つ足の神獣と戦闘。
スタン対策していなかったアナンタが、全体攻撃でバシバシすっ転ばされます。
とはいえシズナが回復し、
ベネットが<地獄の九所封じ>で攻撃力を下げてくれれば、そこまで死にそうな目には会いませんが。
それなりに順調にHPを減らしてやると、<極彩色の風>という全体攻撃を撃ってきますが、
沈黙・混乱耐性はしっかりしているので、そこまで問題は無し。
見事一回目のチャレンジで撃破。
あと、一回OD技の<堕天>で睡眠かかったので、
その追加効果持ちの武器ならもうちょっと楽だったかもしれません。

・第3階層に戻ります。
合成で、「シルミアトルネード」が大量に必要なアイテムがあったので、それの回収が主な任務。
ですが、まだ倒していない青火敵がいたなと魔女を継ぐ者と対決。
以前にボコボコにされた記憶があるんですが、今ならまあ良い勝負できるでしょう。
ある程度ダメージを与えると、こっちのHPMPを回復させて、
その上で自身の精神力を2倍にしてきます。
こうなるともう魔法が痛くて痛くてしょうがないので、
こっちも短期決戦のつもりで、シズナに必死に回復させ、
他のメンバーが必死に攻撃し、なんとかやられる前に倒します。危ない危ない。

続く下のフロアでアースドラゴンと対決。
こいつはまあ、とにかく硬いのが嫌な相手です。
<プライドバウト><ウェポンブレス><アイスクリームパーティー>とかけたアナンタの攻撃で、
4000程度しかダメージ行かないというのはなかなか厳しい。
むしろ魔法で攻撃した方が良い感じですが、シズナは回復の役もあるのでなかなかそうはいきません。
とはいえ、それほど痛い攻撃はされないので、基本的にアナンタに壁になってもらえば問題なし。
長期戦になるものの、特に問題なく撃破。

・レベル88でレイチェルイベントが始まります。
ブロ村からレイチェルに、「魔物の群れに襲われたので助けてほしい」と救援要請の手紙が来ます。
当然、助けに行く気な一行ですが、
ベネットは「何故他の冒険者でなくレイチェルに頼むのか?」という点を疑問に思います。
まあ急を要する話なので、その疑問はひとまず置いておきますが…このゲーム、本当にキャラが鋭いですよね。
そして「助けに行く」とは言うものの、魔物に数で攻められたらまずい、ということで、
冒険者ギルドに依頼を出して他の冒険者の協力を仰ぐあたりも抜け目ない。
こういう時のベネットは本当に頼りになりますね。
そして一夜明け、ブロ村に着く一同。
先んじて向かったラルフ君他冒険者と協力して、魔物を追い払います。
ここにしたって、ラルフ君も「バリケードを作って、漏れ出た魔物を各個撃破」という作戦を使っていますし、
アナンタがアホなだけでみんなちゃんと頭使ってるんですよね。
魔物は数が多いものの、個々はそれほど強くないんで<閃光玉>でスタンさせつつ全体攻撃浴びせれば、
他冒険者の援護もあって、あっという間に倒せます。
しかし洞窟内には魔物が大勢いる様子。
撃破に向かう…前に、レイチェルの生い立ちを聞かされます。
レイチェルはなんと、次の魔王を倒す第一勇者候補だったのですが、閉所恐怖症のため、勇者となることを断念。
期待していた村人は、失望がそのまま憎悪に代わり、
ほとんど迫害するようにレイチェルを村から追いだした…という意外に重い過去でした。
しかもそれを語る老婆も、かつては他の村人と同様にレイチェルに石を投げていました。
それを聞いて当然激怒するアナンタ。
「勝手に期待して勝手に失望して!レイチェルだって人間だぞ!」と言い、「こんな村を救う必要なんてない」とまで言います。
そんなアナンタをラルフが鎮め、
結局、レイチェルが村を救いたいと思うなら救うという話になり、レイチェルと共にダンジョンへ。

ええ、このゲームのシナリオ、すごく好きです
基本的に感動系の話は冷めた目で見てしまうタチなんですけど、
このゲームの場合、普段のノリがノリだから、
たまにちゃんと真面目な話になったときにちょっと驚けて、その分引き付けられるんですよね。
更に言うと、ここでのベネットの疑問や、アナンタの怒りも、
プレイヤー視点でも疑問に思ったり許せない事だったりするんで、
それを登場人物がやってくれるあたりも素晴らしい。
ネクロマンサーNRなんて、登場人物がすげえどうでもいいことでグダグダ言い合ってて、ストーリー的に感情移入がまったくできませんでしたからね。)

・そのダンジョンの中で、ドラゴンゾンビと戦闘。
そこそこ良い勝負はできましたが、
麻痺効果のブレスでレイチェル以外麻痺りそこから全滅。やり直します。
水耐性と麻痺耐性の防具をつけてリトライ。
また、デバフ対策にアナンタは攻撃低下無効も考え、盾の「アンブレイカブル」も装備します。
そこさえ固めてしまえばそれほど強敵ではなく、みんなでフルボッコにして撃破できます。
初見ではどうしようもないとはいえ、やはり防具の相性選択は重要ですね。
回復に余裕ができればその分シズナの行動の幅が広がり、
<ウェポンブレス>などの補助も行き届き、結果として火力も大幅アップとなるわけですよ。

・更に地下に進みます。
いい加減苦しそうなレイチェルの前に、中ボス登場。
とはいえ、ザコとしても登場する甲虫兵なんですが…。
まあ全力で戦えば負けません。あっさり撃破。
しかし閉所恐怖症が苦しいレイチェル。
「まだやれる」と主張する彼女をアナンタが説得し、ここでレイチェルは離脱。
おお、ゲストキャラのイベントで、ボス戦前にゲストキャラが離脱というのはなかなか新しい。
戦力的には厳しくなるんですが、経緯を考えるとしょうがないですね。

・そして大ボスのアールレディと戦闘。
攻撃がとにかく多彩で、麻痺は先のドラゴンゾンビ戦の防具を引き継いだので大丈夫でしたが、
睡眠でシズナかベネットが寝られると、一瞬で全滅の危機となります。
あと単純に攻撃力も高く、<私に任せて!>を使ったら複数回攻撃全部貰ってアナンタ死にました
戦士アナンタでも耐えられない攻撃もあるというのは相当厄介です。

途中で2体お供を呼び出しますが、
とにかく数減らそうとやったアイの<スリプルバブル>で睡眠をかける事に成功したので、
ここはそれほど苦労せず、お供撃破。
戦闘自体はかなりもつれたものの、なんとか一発撃破となりました。

これで村はなんとか救われました。
ブロ村に残るかとも思われたレイチェルですが、結局だんじょん村に一緒に戻ります。
うん、あの畑がなくなってしまうのは(ドーピングアイテム的な意味で)困りますからね。
しかし、この事件の陰に謎の剣士の姿が見え隠れしますが…さてこの先どうなるのか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2013-04-23 22:08 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。