家族ゲーム(電撃4コマVOL.170)感想。


4月に入り新年度ということでついに大学生編…というよりは、新生活お引越し編でした。
という訳で、鮫島さんを出す余裕なんてありません。しょうがない。
というか今回大学生組は案外出番が無いですね。
各学校の本格始動は来月のお楽しみでしょうか。(あ、来月GWネタじゃ…。)


・葵と良明、お引っ越し。
前回で予告はされてましたが、いよいよ葵引っ越し。
そして葵の部屋は良明の部屋となるようで、良明もアパート引っ越しです。
なるほど、良明もどのみち早かれ遅かれ婿入りするんですし、
部屋の空いた今引っ越すというのは合理的かもしれません。

そして2人の引っ越し荷物の差がすごいことになっています。
なるほどこれが格ゲーマーとギャルゲーマーの差か。
しかし良明もバイトしていたとはいえ、一人暮らしでこれだけのゲーム買っていたんですね。
この量を見たら、ゆきえさんがクリスマス回に言ってた、
「財布の管理はさせられない」という言葉も納得できる部分がありますね。
(まあゆきえさんもゆきえさんで、多分良明よりゲーム買ってはいるんですが…。)

・ついにバレた!
西浦家や後輩たちに既にバレておきながら、
なんとか親バレだけは避けていた真言の秘め事ですが、
今回妊娠検査キット発見により、とうとうゆきえさんにバレました。
しかし親バレの経緯としては、生々しいアイテムですねコレ。読んでて変な声出そうになりました。
とはいえ、例えば使用済みの避妊具とか出て来るよりはまだいいし、
「ちゃんと確認して、万が一の事も考えていますよ」というアピールにもなっているしで、
ゆきえさん的にはアリ…だったのでしょうか?

ともかく、
その事実を知っても「二人がうまくいってるならそれでいいんじゃない?」と、実に大人な対応のゆきえさん。
まあこの人は自分の時の事を考えると反対できる訳ありませんし、
将来を誓い合った恋人同士なんだしそれもそうですね。

・もう一方の母親。
その一方での千里さん。
今まで幾度となく悟と葵のやり取りを覗いていたわけですが、
なるほど、「既成事実の現場押さえて早く嫁にきてもらう」というのは、
前回マルちゃんが回想していた、
「二人して服脱いで寝てる所を両親に見つかって大騒ぎ」というのを、意図的にやりたかった訳ですね。
なんという策士。
しかし悟と葵は周りが勝手に恋人同士扱いしていて、
いつの間にか双方両親公認カップルみたいになった所もあるので、目論みは半分くらい成功したと言えなくもない…?

・パソコン部は今日も平和。
葵たちの卒業した高校パソコン部ですが、特に変わりなく平常運転の様子。
意外と女川くんが副部長として頑張っていますね。
今まで女装方面でしか活躍の機会が無かったので、とても意外です。
対して真園さんは昨年までのノリで特に部長らしいことはしていないのですが、
それはそれで部員に無視されて興奮するというプレイになっているあたり、
本当に真園さんは底なしの業を背負っていると思いました。
この精神的強者っぷりはある意味素晴らしいですね。多分この娘、作中で一番無敵

そして輝明に「Move先輩」というあんまりなあだ名をつけているなの姉さん。
いや確かにアレはすごいインパクトありましたけど、そこまで直球に酷いあだ名つけんでも…。
しかし脇谷がうっかり口を滑らせたときも、この娘は興味深そうなリアクションしていましたけど、
今回の表情とか、そもそもこんなあだ名をつけてるあたり、
なのさんは見た目に寄らずそっち方面に強いのですかね。
今のパソコン部内では案外頼れるキャラかもしれません。

・まさかの灰音先生。
そしてパソコン部の新顧問に宇藤灰音、就任
芹先生に単行本のキャラ紹介で「すっかり出落ちキャラに」「作中で生き残る道を模索中」とまで書かれた彼女が、
ここに来てまさかこんなポジションに納まるとは…!
ちょっと前に真言にエロ指南したのが最後の出番でしたっけ。栄転ですね。

キャラ性を考えるとエロ系の話題で真園さんと相性が良さそうな気がしますが、
桃子先生ほど部員の暴走を止めてくれなさそうなので、新2年たちは苦労しそうですね。
しかし新顧問で灰音が来ましたし、ゆかりも出てきたということは、
今年もパソコン部にはある程度焦点はあたることになると思いますし、
そうなるとまさか新1年来るんでしょうか。まだ眼鏡の名前とか明らかになってないのに。

・葵たちの恋愛模様。
新生活が始まって、気が付いたら3組も同棲状態の葵たち新大学生組。
脇谷はなんだかんだで働きつつ家の中の事までやっている様で、
こう書くとなんか脇谷がすごく出来た夫キャラみたいに思えてきますね。元々かなりアレなキャラだったのに。
まあ「胸でふかふかしてもらう」でダメなバランス取るあたりが脇谷。
輝明と紫杏も順調…というか、
さり気に紫杏→輝明の呼び方が「輝くん」になってますし、腕組んで歩いてるし、
以前にも増して恋人同士の雰囲気になってはいるんですが(でに輝明は、まだ「水瀬」って呼んでるんですよね)、
「握り拳口に入る?」というとてもショッキングな台詞が飛び出しました。
輝明の規格外の大きさに驚けばいいのか、既に輝明が紫杏に見られているという事実を驚けばいいのか…。
それと現実的な話、輝明と紫杏は「そういう時」にどうするのか…紫杏リアルの出血駄目だし。
流石にこればかりは描写する訳にもいかない所ですが、さてどうなることか。

しかし輝明は上級生には女装で散々いじられ、
下級生にはMoveネタを散々引っ張られと、結構周囲の扱いは酷いものがあります。
ゲーム知らず故にギャルゲーの話を紫杏に振った頃からの不憫なポジションは続いてるんですね。

・夜の対戦(意味深)。
初期の頃は何度となく千里さんに曲解された、葵と悟の「対戦」ですが、
ここに来て再び「この二人の対戦ってそういうことじゃね?」と思われてしまいました。
まあゆきえさんも「恋人同士の語らい」と言っていましたが…。
もうちょっと踏み込みと、
悟と葵のそういう煩悩は、ある程度この対戦で昇華されているとも解釈できるので、
今の環境で「そういう事」に及ぶには何かもうちょっと変化が必要かもしれません。
それこそどっちかの足が折れて対戦できなくなるとか。
…いやでも、この漫画では過去の未遂シチュエーションを踏襲する事が多々あるので、
初期に窓香が言ってたお見舞いシチュ的な感じで一線超える可能性は案外本当にあるかもしれませんね。

そして同級生が3組同棲でイチャイチャしているにも関わらず、
進展が無いどころか、今回会話してる場面すら無かった朱音と泰敬の仲はそろそろ不安です。
大学が別である将敬と由寿ですらちょっと良い感じだったというのに…!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2013-04-28 23:58 : 家族ゲーム(電撃4コマ) : コメント : 5 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-05-02 15:00 : : 編集
No title
どうもです。

紫杏と輝明の呼び方が「輝くん」になり進展したのかと思ったら紫杏から衝撃の一言が・・・
インパクト強すぎました。
灰音先生の登場も予想外でしたね。
今回はゲームより恋愛メインでしたね。ほんわかして今回も良かった。
2013-05-07 21:19 : 光 URL : 編集
Re: No title
>>光さん
どうもです。
紫杏と輝明のアレは衝撃的でしたね。
もうそこまで進展しているのかと。
ちなみにツイッターの方で芹先生が「おまけ」で更なる爆弾を投下してたりします。

2013-05-07 22:42 : ノノック URL : 編集
No title
灰音さんが自己紹介するコマの3ページ前の下で小竹灰音今回出番無しって書かれてましたよ。
2013-05-08 18:59 : 満 URL : 編集
Re: No title
>>満さん
あれは新任教師の宇藤灰音先生であって、結婚予定の小竹灰音ではないのです。
というのは冗談ですが、
未だ御影が大学生だったり、桃子先生が「真言たちの通う学校の体育教師」(「葵たちの」ですらない)扱いされているあたり、
ちょっと編集部さん仕事しなさすぎではないか、と思わざるを得ません。
占野家も未だ紹介されていないですし、流石にもうそろそろ変えるべきだと思うんですけどね。
2013-05-08 21:44 : ノノック URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード