真言がかなり頑張った『家族ゲーム』10巻購入!!

電撃4コマ コレクション 家族ゲーム (10) (電撃コミックスEX)電撃4コマ コレクション 家族ゲーム (10) (電撃コミックスEX)
(2013/04/27)
鈴城 芹

商品詳細を見る

ついに2桁!
まだまだ続くなんとなくゲーム系ラブコメ漫画です。

折角なのでコミックZINで特典付きを購入。
10巻特典付き。
特典の見どころは、胸を押しつけてるのに気づかれない真言でしょうか。あんまりだ。


お話としては、
電撃4コマVOL111124までを収録。
この巻だけで、
・紫杏の痴女化。
・将敬と由寿の接近。
・泰敬の告白。
・脇谷が奏那とフラグ。
と、ちょっとサブキャラの人間関係を挙げただけでも色々ありますね。
そうかこの巻から紫杏はああなったんでしたっけ。
思い返すと、これほとんど日出子先輩のせいじゃないですか。
これだけコスプレイベントのある漫画で、
コスプレ姿で他人の性癖を歪ませたのが輝明というのがまた凄い話ですね。ある意味魔乳か。
あとは、ここまで来てとうとう由寿に彼氏候補が出来たのは素直に良かったと思います。
今や作中で彼氏彼女が居ないキャラの肩身が狭くなってきましたから。
泰敬とのフラグは立ったと思ったら即折れしましたし。

さて問題の遊佐家ですが、
まとめて読んでみると、
だんだん葵や真言が家族より恋人との関係を重視するようになってきているのが分かります。
葵も悟の部屋でゲーム以外の事をする事が多くなってきましたし、
真言はもう、良明が好きすぎて何度か暴走していますし。
特にバレンタインのアレ、年上の彼氏を押し倒して服脱がすとか、
これ改めて見ると非常にエロいというか、良明じゃなかったらそのまま雪崩れこんでたんじゃないでしょうか。
まあ真言は良明への恋心を自覚した後、
「今となりに西浦さんがいたら私が襲い掛かることだって有り得るし」とか考えてた娘なんで、
あそこまでで止められる辺り、十分自重してると言えなくもないです。

こういう描写を苦手に思う読者の方も居るとは思いますが、
個人的には真言がこういう事をするようになって、エロ以外の面でも嬉しかったりします。
というのも、この二人のカップルは付き合うまでの過程が本当に長く、
読んでる側としても「早く幸せにならないかなあ」と思っていたので、
付き合ってからの描写は、その分できるだけ濃密に描いて欲しかったんですよね。
それでいて、ちゃんと将来の事を考えた付き合いをしていますし、
この辺は読んでいてすごく納得いく描写だと思いました。

芹先生もおまけ漫画(ピクシブ)で描いていましたけど、
あまり他のラブコメでは告白後の話はされないだけに、どこまで描写するかは難しい所だと思いますが、
この漫画に関しては変に人間関係こじれたりする心配はしないでいいですし、
今の真言と良明の関係もドキドキしつつ安心して読める良いバランスで描かれていると思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2013-05-02 23:06 : 家族ゲーム(電撃4コマ) : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
10巻も面白かったですね。

この頃はまだパソコン部のコスプレも元ネタが分かってたんだなぁ。

本編後の登場人物紹介を占野家が独占というのは予想してたとはいえちょっと驚きでした。
やっぱり舞依はセカンドシーズンの主人公のつもりで描いてたんですね。

表紙に由寿がいないのはスペースの都合なのか、まだフラグ構築がこの段階では不完全だからなのか。前者でしょうけど。
2013-05-04 06:43 : 赤髪の探偵 URL : 編集
Re: No title
>>赤髪の探偵さん
10巻時点では占野家以外に新キャラ居ないから独占するかなーとは思っていましたけど、
祖父母あたりは2人で一纏めにすると思っていたんで、個別で出てきたのは予想外でした。
舞依主人公化は薄々感づいてましたけど、流石に真言と葵の存在感は大きい…。

由寿は9巻内表紙カラーには占野家に混じって居たんですけどね。
香津子姉さんが出て由寿が居ないといいうのは不思議ではありますが、
もうちょっと話が進んでからの方が良いと思ったのかもしれません。
2013-05-04 22:09 : ノノック URL : 編集
No title
どうもです。

真言と良明の関係の進展が改めてまとめて読むと凄いですね。
そして、葵のオーバーオールが多い理由がついにわかりましたね。葵らしい理由でほほえましいですが。
この頃は紫杏にめげない輝明応援してましたね(今もですが)
そして小太郎が二次元最高的な発言してるのに実は許嫁がいると考えると・・・
2013-05-07 22:20 : 光 URL : 編集
Re: No title
>>光さん
どうもです。
月ごとに読んでるとなんとなく受け入れられたこの2人の関係ですが、
まとめて読むとなかなか凄い事している感じがしますね。
葵のオーバーオールに関しては、納得できる理由だったと思います。
那須達+脇谷の二次元至高発言は、今改めて見ると那須が可哀想すぎる…!
言ってる事は大して変わらないのにどうしてここまで差が付いた。
2013-05-07 23:12 : ノノック URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード