スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

真女神転生4プレイ日記その11―ソイレイトシステム未遂。

真・女神転生IV真・女神転生IV
(2013/05/23)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る


最近文中に書いていなかったんで、
お忘れかもしれませんが、主人公の名前は「ゆかい」としています。
ゆかい、という言葉は実に良い言葉で、
非常に軽くありながら、決して下品な要素はなく、
人々の心を明るくしてくれる、そんな言葉であると思います。
やあ、ゆかいゆかい。

猿飛佐助 (ちくま文庫)猿飛佐助 (ちくま文庫)
(1995/07)
杉浦 茂

商品詳細を見る


ゲーム中のボイスだと、
「君」とか「お前」とかに置き換えられてしまうのが残念ですが、
地の文で「○○はゆかいに礼を言って立ち去った」とか表示されると、
こっちもゆかいな気分になりますね。



さて、またしても通りすがった女子高生ヒカルの案内により、
東京について詳しいフジワラという人物に会いに、新宿の会員制バーにやってきます。
情報通のフジワラ、傷だらけの軍人(?)ツギハギ、そして先の女子高生ヒカルは顔見知りらしいですね。
しかしフジワラとかツギハギとか、何やら『ツギハギ漂流作家』を思い出し…ああ、うん。
何が嫌いかより何が好きかで自分を語るんですよね、うん、この話ナシで。
フジワラさんは何とミカド国についてもある程度知っているらしく、
「時が来たら東京の市民のミカド移住も考えている」らしいのです。
…うーん。正直文化がまるで違うし、
向こうは無意識の差別意識がデフォルトな部分もあるから非常に難しいと思いますが…。

先に進む前に、仲魔を作ります。
鬼神コウモクテンはHPが多く、MPも173とそれなりにあり、
何より弱点が無いのでので勇んで制作。
<火炎無効><テトラジャ><二分の活泉><スクカジャ><タクラムショット><マハジオンガ><タルカジャ><マハラギ>を所持。
補助系も充実したのでボス戦での活躍に期待したいですね

さて、タヤマが何かを行っているミッドタウンへ向かうと、
そこにはテンカイという悪魔(天海僧正?)が待ち受けています。戦います。
メンバーは、コウモクテン・ククノチ・ヴィクター
ゆかいの<雄叫び>、ククノチの<溶解ブレス>でンダ系を重ね、
コウモクテンの<スクカジャ><タルカジャ>で味方を強化。
ダメージを喰らったら、ヴィクターの<メディラマ>による回復で体制を立て直すと、見事なコンビネーション。。
テンカイは言わばストロングスタイルのボスで、主に<メギド>と通常攻撃を連発してきます。
とはいえ各種補助を重ねていたので皆避けるわ避けるわで、
仮にあたっても致命傷にならないしで、問題なく対処できます。
やたら堅くて攻撃の通りにくい相手ですが、ひたすらに攻撃を重ねて撃破。楽勝でしたね。

さてミッドタウンを登っていきます。
なんか道中にいる悪魔の話を聞くと、このビルを管理しているのはなんとマンセマットだとか…。
あのペ天使め…まさかの再登場ですか。
そこそこ長いダンジョンなので、こういうところでは仲魔の死神ヘルが有難い。
ギガプレロマのついた<マハブフーラ>のダメージは高く、耐性ある悪魔以外には有効。
勝利のチャクラである程度リカバーしてくれるので、長期の探索にもってこいです。

そして最上階?でついにマンセマットと対峙。
戦闘になりそうな雰囲気ですが、「冗談ですよ」と態度を軟化させ、結界を解きます。
そんな様子に「なんかうさんくせえ奴だな。むしろペ天使さまだぜとワルター。
ついに公式で言われてしまいましたね。
実際にこういう手合いは厄介で、
正面から戦ってくる相手ならねじ伏せるまでですが、
こういう、明らかに腹に一物ありつつすり寄ってくるタイプは、
問答無用で切り殺す訳にもいかないので、
厄介な事になりそうな気はしますが、残念ながら排除は出来ない。
そういう実に面倒な手合いであったりします。

そして彼の解いた結界の先にあったのは「逆さヒルズ」
そこに居るガスマスクの男が言う「ノルマ」「種男」などなど…明らかにヤバい空気がビンビンしますね。
椅子に繋がれた男女はあうあうあーな状態になっていますし…。
更に先へ進むと…作業員が男の脳みそから色々取り出していました。赤玉の正体はこれだったんですね。
正直、もうここまで来ると「獲られてるのが脳内物質だけで良かった」とすら思えますね。
ひょっとしたら人肉工場にでもなってるんじゃないかと思いましたから。
その正体を見極めてから来た道を戻りますが、突如現れた悪魔(ヤソマガツヒ?)によって、
みんなハイになって、タヤマに捕まってしまいます。
ハイになったヨナタンはにゃーにゃー言い、
主人公はズボンを脱いで両の鼻をどうこうしたとかで、文字通り実にゆかいな事になっていたようです。
それはさておき、
タヤマが言うには「東京を壊したのは悪魔だけじゃない」とのこと。
誰かが東京を統治しなければならない。赤玉を使い悪魔と取引し、市民の安全を確保する。
赤玉精製はそのためのシステムで、
タヤマ的には国民の生活を守るためにはそれも止む無しということなんでしょう。
まあ、赤玉精製自体はかなり非人道的な行いですが、まあそれ自体に口をはさむ気はありません。
何か守ろうとすれば何かが犠牲になるのは世の道理で、
この場合はその汚い仕事が赤玉精製という話です。
が、ちょっとタヤマさんは対話の順番を間違えていますね。
「サムライを人質にとって鉄砲玉」をやってきた後にそれを言われても…とどうしても思ってしまいます。
アレがなければ納得できる部分もあるんですが、
人質を取ってこっちに命令してきた以上、タヤマが敵であるという事実は変わらないので、
それでそんな殊勝な事を言われても、タヤマさんが良い人とはとても思えません。
タヤマ的には、
主人公たちはまだ使えると踏んだのか、特にお咎めなく解放してくれますが、
こっちとしてはもうタヤマルートは外れていますからね。

さて、先に進む前に仲魔を新調。
特殊合体で屍鬼アリスを制作。
アリス今回魔人じゃないんですね。
ずっと隠しボス枠だったんでパパッと特殊合体で作れる今回の扱いは悪い気がしますが、
思えばナンバリングタイトルでアリスがボスになったことは無い(実は真3には居ないし)ので、
このくらいの立ち位置が妥当な気もします。
しかし流石特殊合体するだけあって、その相性は図抜けてますね。
耐物理で銃反射、しかも弱点無しというのはそれだけで一軍入りですよ。
スキルは<夢見針><エナジードレイン><食いしばり><雄叫び><テトラジャ><サマリカーム><マハザンマ><死んでくれる?>を所持。
呪殺系スキルはあまり使わないのですが、<死んでくれる?>はアリスに必須だと思いつけました。
食いしばりとか雄叫びとか、やたら雄々しくなってしまいましたが、
HPは低いので、万が一魔法攻撃を集中されたときには有効なスキルですね。

あと、お役立ちだったヘルさんもここで合体。
妖樹アルラウネにしてしまいます。
相性はイマイチですが、女性系にしてはHP427とタフなのがありがたいです。
<勝利のチャクラ><火炎耐性><マハブフーラ><氷結ギガプレロマ><電撃無効><紫煙乱打><ザンマ><狂乱針>を所持。
補助スキル無しなので、主にザコ戦用ですね。

さて、ギャビーに呼ばれてミカド国へ。
皆に色々聞きますが、口々に言うのは「夢で新しい指導者の声を聞いた」という事。
さらにはアハズヤミカド王も新しい指導者によって追放されたらしく、皆それを受け入れています。
わー…ミカド王、結局顔も出さずにフェードアウトですか。なんか洗脳っぽい雰囲気ですね。
さて、ギャビーの待つシンジュク村へ向かうと、
そこで大天使が降臨してきます
ミカエル・ウリエル・ラファエル。そしてギャビーはガブリエルでした。
グラが変わって新しくなった四大天使…ちょっと姿が禍々しすぎじゃないですかね?
どこから声を出しているのかもよくわかんないグラなんで、あまり良い天使には思えないですよ。
そして以前には全裸で閉じ込められていた所を放してやったのに、
ちょっと覚醒すると「まことに大儀であった」といつもの尊大口調ですよ。今回もロウルートは無いなー…。
さて、話はフジワラさんたちのミカド移住の件になりますが、
ミカエルらは「トウキョウの者は不浄。来るなら排除する」の一点張りです。
それを聞いたワルターは「タヤマもあいつらもどっちも自分のことしか考えない最低な支配者の独擅場だ」と言い放ちます。
うん、正直これはワルターに感情移入してしまいます。
更に言うなら、人として頑張っているタヤマの方がまだ良いですね。
どうにも天使たちは人智を超えすぎていて、あんまり理解する気になれないです。

さて、これからどうするか。
「リリスにつく」とはっきり明言したワルターに、
「任務に従いリリスを殺す」と主張するヨナタン。
「とにかくフジワラたちを説得したい」というイザボーと、立場は三つに分かれます。
最初はイザボーと一緒にフジワラたちを説得するつもりでしたが、
「どうしたらいいのか分からない」と何も行動できないイザボーに、
何もしてやれる事がない(ルートに進めない?)ので、
最終的には諦めて、ワルターと一緒にリリスの元へ行きます。
ここが今の所一番マシに思えたのでしょうがない。
今回はワルタールート確定でしょうか!?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2013-06-19 00:14 : メガテン(ゲーム) : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。