真女神転生4プレイ日記その15(最終回)―クリアー!!

真・女神転生IV真・女神転生IV
(2013/05/23)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る


さてとうとうメガテン4プレイ日記も最終回です。
当然ながらネタバレ注意です。
あと最終回なのに盛り上がりに欠ける気がします。ご注意ください。



ブルガトリウムという元素みたいな名前の地で、ひたすら天使どもを倒していきます。
最初のカズフェルや群れなどはまるで相手になりませんが、
先に進んで出てきたセラフ(キモいやつ)は<光翼>という全反射バリアを張ってきやがります。
一度イザボーがジオダインで中和?してくれましたが、
次のターンにジオ撃っても反射されたんで、どうやって対処すればいいのかイマイチ分かりません。
ので、とにかく万能系を連発してカタをつけます。
コウリュウが<メギドラオン>。控えから出したベルゼブブとリリスが<混沌の海><エナジードレイン>でチビチビ攻撃し、セラフを黙らせます。うーん脳筋。
正直、カジャンダがしっかりかかっていれば敵の攻撃など恐るるに足りませんので、
ある程度はこれでなんとかなるんですよね。
そして反対側のハニエルにもやはり苦戦…。
いつものカジャンダ戦法に対して、ハニエルがやってきたのは<奥義一閃>
これの即死効果でカンギテンがまず死亡。代わりに呼び出したフェンリルも死亡。
じゃあもう物理無効系で固めようと、ケツアルカトル・ハチマン(無効持ち)・コウリュウ(吸収持ち)にメンバー変更。
主人公すら即死効果で死にますが、この面子ならまるで問題ありません。
ハチマンは電撃系も反射なので、たまに<マハジオダイン>とかやられても問題なく、
効果の薄い物理を重ね…というかオートで撃破
やはり選手層が厚いとこういう時に良いですね。
正直全書を埋めるためだけに作ったような奴も何体か居るんですが、それでも役に立ってくれています。


さて、最奥で待つのは、ヨナタン改め熾天使メルカバー
なんで天使連中は顔だらけなんですかね…。
こちらのメンバーはケツアルカトル・カンギテン・コウリュウ
メルカバーは、命中回避の下がる<チャリオット>を連発してきます。
更には<ラスタキャンディ>で能力底上げもしてくるので、
こちらも<ランダマイザ>を定期的にかけつつ戦います。
回復手段は充実しているので、特に問題無く撃破…と思うと第2形態です。
今度は防御の下がるランダム複数攻撃を使ってきます…が、それ以外にあまり変化はありません。
一応、HPの低いカンギテンに集中攻撃が来ると死ぬ可能性もあるので、
フェンリルに交代して先と同じように戦います。
補助をこまめにかけていれば、攻撃も避ける事が多いので随分楽に戦え、案外楽に撃破。
さらばヨナタン。
これでミカドもおしまい…かと思ったんですが、
案外ホープ含めミカド国の皆さんは生存しているんですね。
しかも案外主人公たち、歓迎されています。
この辺の人たちもまとめて敵対する覚悟でやっていたんで、ちょっと拍子抜けです。

さて、天使側が片付いたら、
今度は市ヶ谷駐屯地の中のルシファーパレスに行きます。(その名前はどうよ)
ウロウロするうちにレベルも上がり、鬼女ランダも仲魔にしたので、
バロンとの特殊合体で破壊神シヴァを制作します。
恵まれた相性に加え、
<アンティクトン>というダメージ+ランダマイザ効果の万能攻撃を覚えています…が、
消費MPが80もあるのに、
シヴァ自身のMPが190程しかないので、2発撃ったら終わりです。
これは一度合体材料にして、改めて物理スキル特化のシヴァを作り直した方が良い感じですね。
というわけで、シヴァがスキルを覚えたら、それを材料に死神モトを作ります。
レベル89なのにふつーに電撃弱点なのが困りものですが、MP重視系なんで使い勝手は良いでしょう。
<トリスアギオン><勝利の雄叫び><アンティクトン><物理反射><銃反射><メディアラハン><不屈の闘志><ザンダイン>を所持。
さり気にW反射持ちで自動リカバーもあるんですから、ザコ戦は無類の強さを誇ってくれる…と嬉しい所です。

ウロウロしつつ先へ。
ルキフグスさんがボスで出てくるのはハッカーズ以来でしょうか。
あんまり武闘派なイメージは無かったですが、戦ってみると…楽勝でした
さて、そうすると合体で作れるようにもなったので、早速制作。
HPが低く、電撃弱点なのは微妙ですが、
スキルには良いものがあります。
<狂勉強><ラスタキャンディ><魅惑の雷撃><氷結無効><モータルジハード><覚醒><チャージ><メディアラハン>を所持。
ただ弱点被ってる=全体攻撃喰らえば大惨事なんで、モトと一緒に出すのは微妙っぽいですね。

最奥でワルターと再会。
やはり彼も変身します…悪魔王ルシファーへと。
しかしこの新ルシファー様、デザインが正直しょっぱいですね。禿げてるし。なんか顔が青鬼みたいだし。
ともあれ戦闘開始。こっちはコウリュウ・モト・ルキフグスです。
ルシファーは、<悪しき輝き>という全員魅了+ダメージの全体攻撃を多用してきます。
主人公に魅了無効のアクセサリー(トーナメント優勝賞品)つけておいてよかった…。
更に<デクンダ>も使ってくるので、こちらの<アンティクトン>は控えめにします。
またこのボスは銃スキルを多用してきますが、
これはモトとルキフグスが反射してくれるので、それが来れば即ターン終了と、相性は悪くありません。
ある程度ダメージ与えて第二形態に入ると、
こちらの仲魔をストックに戻すスキルなんてのも使ってきますが、
これは呼びなおせば良いだけなんで、そんなに問題はありません。
ただ戻された時点でカジャ系の効果が切れるのが難ですが…。
行動自体もそれほど変化がないので、しっかりカジャンダを重ねたうえで物理で攻めれば…案外楽に撃破です。

さて、全てが終わり、フロリダに向かうと、そこにはホープの姿が!
同じように、Kやウーゴもこちらに来ているようです。…何故ウーゴも
コイツ、如何にも死にそうなのに、最後までちゃっかり生き残ってやがりましたね。
皆で和気あいあいとしているところで、主人公とイザボーはマサカド公の所へ。
マサカド公にミカドをぶっ壊してもらいます。
善意と悪意を食って、なんか禍々しい体ができたマサカド公がミカドをドーン!
バラバラと瓦礫?が落ちてきます。主人公の近くでも、地響きを立ててズドンと落下。
あれ?これバッドエンドじゃないですか?と思いましたが、
これで天上が崩れて東京復活!という流れになったのだから良しなんでしょう。
最後に「彼女」(東京の女神)からお礼を言われて…幼女から成長してる…。
釈然としませんが、エンディングです。
あ…最終ボスとか居なかったんですね。
まだなにかあるのかと思って、シヴァを作り直したりしていたんですけど、ちょっと拍子抜けでした。

ともあれこれでクリアみたいです。
そういえば結局スティーブンとかヒカルとかがなんだったのかとか、
色々考えるとよく分かってない事も多く、
なんかモヤモヤしたものは残りますが、とにかくクリアーです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2013-07-17 00:44 : メガテン(ゲーム) : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード