横須賀行ってきた。


久々の旅日記。
はるばる横須賀まで妖怪展を見に行ったので、その記録です。
横須賀は以前に一度行って、ちょっと満足できない結果に終わったので、そのリベンジも兼ねてます。


栃木の片田舎から電車で揺られる事、約3時間。横須賀に到着。
実に遠い。ファッキンファラウェイ(クソ遠い)。
とはいえ、平日におでかけパスで来られるのは今の時期(夏休み)だけですからね。この機会は逃せない。
で、ここJR横須賀駅。
横須賀という地名から、結構発展しているイメージですが、
駅周辺は案外閑散としています。
そして、目的地である横須賀美術館の周辺も割と閑散としています
「折角なんで名物の海軍カレーかネイビーバーガーを食べてくかー」と思っても、
横須賀駅到着→駅近くのバスで横須賀美術館へ移動、という流れを取ると、
結局どこにも食べる場所はなく、美術館のレストランで食べる羽目になりかねません(体験済)。

なので、横須賀の街を味わいたいなら、
駅からちょっと歩いて、ドブ板通りまで足を伸ばすのが良いでしょう。
途中のダイエーのドムドムハンバーガーで妥協しそうになりましたが、
誘惑を振り切り、駅から合計10分くらい歩いてドブ板に到着。
ここなら名物もいくつか食えますからね。
ちょっと考えて、ネイビーバーガーのお店TSUNAMIへ。
ネイビーバーガー

クォーターサイズのベーコンチーズバーガー(+ポテトとコーラのセット)です。
マックではデカサイズ扱いのクォーターバーガーですが、
ネイビーバーガーでは実質ハーフサイズ扱いというと、ネイビーの凄さがよく分かると思います。
当然ながらファーストフードのそれとは、肉の存在感が全然違いますね。
あとここは塩・コショウ・ケチャップ・マスタードがお好みで付けられるのが嬉しいです。
ハンバーガーって食べていると途中で飽きる事があるんで、
最初は塩コショウのみで味付けして、
後半ケチャップとマスタードを足すという食い方を試してみましたが、これが丁度良かったです。
ただ、ポテトが厚切りの皮付きの物なのがちょっと残念。
これとコーラでプラス300円というのは、少々お高い感じ。
とはいえ、ただ黙々とバーガーだけ食べるのも飽きるしなあ…。

さて、食事が済んだら観音崎行きのバスに乗り、横須賀美術館へ移動。
妖怪展
妖怪展を観ていきます。
…で、これ、個人的には大当たりでした。
個人的に、こういう創作物を観る時って、
「いったいどんな脳みそをしていたら、こんな物が生み出せるのだろう」(褒めてます)と思いながら観るのが楽しいのですが、
こと妖怪に関しては、実に多種多様なその姿に、
どうやったらこんな化物どもを生み出せるのかと感動すら覚えます。
単に「強そう」とか「呪われそう」という形ではなく、
一体何ができるのか、どんな生き方(?)しているのかまるで想像つかない輩も多いですからね。
そして現代作家の作品が意外なほど良かったです!
これ半分くらい、妖怪ではなくてシュルレアリズムの作品である気がしますが、
まあ観ていて心が不安定になるという意味では近い物があります。
特に池田龍雄さんの絵とか、実に良い感じの不安定感でした。
そして最後には鎌田紀子さんの人形フロアーがあって、これがもう最高でした
観ているだけで胃が変な反応を起こす、死んだ魚の目といびつな体の(無いのもある)人形。
これが部屋中にいくつも展示されていたので、
そりゃあ小さい子供さんも泣く…を通り越して絶句していました。これは仕方ない。
(ユーモラスな「妖怪」を期待して行った、家族連れの方なんかには、ガチ過ぎて受けが悪そうです。)
しかしこれだけ非日常を感じる事の出来る空間はそうそうありませんよ。
これを常設してくれたら、下手したら半年に一回くらいで通うかもしれません。それくらい気に入りました。
あの特徴的な目玉は何で出来ていたんでしょうか。特に詳しい解説は無かったんですよね。


さて、美術館を後にしたら、折角なので観音崎方面をうろつきます。
このクソ暑い晴れた夏の日だけあって、海の青さが映えますね。
横須賀の海!

この観音崎、海水浴客でにぎわう地ではあるんですが、
ちょっとうろつくと、砲台・弾薬庫の跡地のような場所がちょこちょこあるんですよね。
なんだこのトンネルはぁ!
こういうデスクリムゾンOPごっこが出来そうなトンネルとか、

灯台跡(多分)
崩れた灯台の名残(らしきもの)とか、

のらねねこ
寝ている猫とかいました。
そういうの好きな方にはたまらない場所だと思います。
(なんか調べてみたら、心霊スポットも多いみたいですね。そりゃあ…。)

その一方で、
ゴジラの足跡(昔映画でゴジラが上陸した縁から)があるという事で見に行きましたが、
ゴジラの足跡
正直、これは大した事が無かったです。別にわざわざ行かなくても、という感じ。

しかし、海無し県民からすると、
東西南北どっちに行っても海があるという状況は、正直信じられないですね。
最初はノリノリで歩いていましたが、
やたら道に迷ったのもあり、かなり疲労感がありました。
なので、帰りは美術館にほど近いスパッソの温泉に入り、HPを回復。
しかし子供の頃は、温泉を単に大きいお風呂くらいにした考えてませんでしたが、
成年してしばらく経つと、温泉がリアルに回復ポイントになっている事実に気づきます。
天外魔境2とかで、温泉に入って全回復するのも今なら頷けますよ。
ちなみにここの温泉は、
横須賀美術館の半券を持っていると400円引きになり、ちょっとはお手軽に入れます。
岬歩きは本当に足に来る(浜辺も歩くと余計)ので、これは非常に良い回復ポイントだと思いました。

実は帰りに、鎌倉で鎌倉宮例大祭観て来ようと思っていたんですが、
スパッソ出た時はもう5時半回っていたんで、大人しく駅から直帰。
何かおみやげ買おうかとも思っていたんですが、特に見当たらなかったんで何も買わずに帰っちゃいました。
次の課題としてはそこですかね。
今回は観音崎とネイビーバーガーを堪能できましたが、まだまだ横須賀の魅力は色々あると思います。
何しろ栃木からは遠すぎるので、そうそう来る事はできない場所ですが、
また横須賀美術館で面白そうな展示があれば、いずれ来るかもしれません。
バスと電車、合わせて往復6時間は移動に使っていると思うと、なかなか来れないですよねー…。
とにかく、あと10日弱しかありませんが、横須賀美術館の妖怪展はオススメです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2013-08-22 02:12 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード