スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

家族ゲーム(電撃4コマVOL.178)感想。


2ヶ月半ぶりの家族ゲームです。
恐らく今回は内容的に8月回になるので、
次回9月回掲載で以降平常運転…という事になるのではないでしょうか。
7月回が無くなってしまいそうなのは残念ですが、
今回がガチで鮫島さん祭なので特に問題は無いです。むしろおつりが来ます。


・鮫島さん、海でバイトする。
毎年恒例延山OB海の家でのアルバイトに立候補したのは、
葵とまさかの鮫島さん
去年は扉絵で描かれましたが、本編で海に来た描写はこれが初ですね。
理由としては、一応暖かい所での就職活動のための資金稼ぎのためという事。
暖かい所なら 何処へでも行くというやつですか。村下孝蔵ですか。
どこかのA名字さんとは違ってそれなりに考えては居るんですね。
(漠然と「暖かい所で就職したい」じゃ「T斗くんと一緒に居たい」と同レベルと言えなくもないですが。)
しかし軽く流されてはいますが、
「両親が離婚しそうだけど、どっちにも付いていきたくない」(要約)とか、
鮫島さんの家族仲って多分作中で一番悪いんじゃないでしょうか。
流石の永妙寺も親の夫婦仲については特に言われてないのに…。

まあとにかく、そういう訳で鮫島さんの水着姿…と思われましたが、
やっぱりというかなんというか、パーカー着込んでいますね。これでこその鮫島さんです。
しかし普通に水着だけ着ているより露出度は低いはずなのに、
下水着に上パーカーという組み合わせはなんか妙なエロスがありますね。
原ちゃんたちも谷間とかハイレグとかじゃなくて、こういう方面に目覚めれば平和なのに。

・何故か来ている原と逸成。
そんな原と逸成。
普段はリア充爆発しろと呪詛をまき散らすポジションであるこの二人ですが、
今回は異様に晴々したテンションでビーチに登場。目的は女子の水着姿です。
…原と逸成ってそんなオープンスケベなキャラでしたっけ?
なんかもうちょっと斜に構えたオタクだった気がします。

まあともかく、そんな二人の期待も虚しく、
残念ながらビーチでは服っぽい水着(なんていうんですかコレ)が流行っていました、という話。
確かに、男性用水着にしても以前よりゆったりしてほとんど短パンみたいなのが増えてきましたから、
女子もちゃんと泳ぐつもりじゃなければ、これくらいの方が着る方も抵抗ないでしょうしね。
そういう訳か、大城さんたちも服系水着?着てきます。
…しかしこの大城さんの格好は、
サスペンダーで胸が強調される形になって、普通の水着よりエロい気がします。
そういえば最近出番無かったから忘れがちでしたが、
ひょっとしたら作中一のグラマラスボディなんでしたっけ彼女(多分、朱音とどっちが上かというレベル)。
あと、五十鈴ちゃん背伸びた?

・福岡合歓さん来襲。
地井ちゃんがうっかり遭遇してしまったのは、
小太郎君の許嫁である福岡合歓さん(27)。
いい年をして迷子に半泣きになった上に、
小太郎にフラれた地井ちゃんに、「お友達になれそう!」とか、
挙句「ちいちゃんが納得ずくなら私正妻、ちいちゃん愛人でも全然構わないし」と大型爆弾投下。
香津子姉さんとはまた違う形でやりたい放題ですねこの人…。

そしてそれに流されつつある小太郎と地井ちゃん。
地井ちゃんとしたら諦めきれない所があるから、
まあ友人関係の延長のような付き合いレベルなら、割とアリな気がしますね。
でももしこれが本格的な恋愛に発展していっても、
地井ちゃんの家族の立場としては、「娘が名家の二号さんになる」って言われても納得できない…ですよねえ?
結婚相手の家族も認めて幸せって感じの描写の多い漫画ですし、
周りの人たちもまあモラル面はちゃんとしているんで、
ちょっとこの正妻愛人関係は異質すぎる気がします。
そのうち地井ちゃんの逆転勝利で終わる可能性も、漫画として十分にあるんじゃないかなあ。

というかコレ、小太郎って思っていたより駄目な人ですね。
地井ちゃんの告白された件を合歓さんに話した辺りもデリカシーなさすぎですが、
この会話の最中に合歓さんの胸をガン見するあたりや、
結局(色々問題ありそうな)正妻愛人関係を受け入れてるあたりが割とどうしようもないと思います。
大城さんたちも怒る所じゃないでしょうかこれ。流石になんらかのフォローがあると思いたい。

・19歳人妻葵ちゃん疑似裸エプロン。
これほどまでに「人妻」という言葉の似合わない人妻もそうは居ないだろうなという葵さん。
裸エプロン(に見える格好)でもなお出ない人妻感。
あんまり外見が小学生時代と変わってないからか(胸は大分成長していますが)、
それとも髪型とかが活発少女然としているからでしょうか。
悟とデートした時の髪の毛サラサラモードならもうちょっと人妻感出るかもしれません。
…まあ、今の感じで「未成年人妻」というのに背徳感が出るのは確かですね。
確かに良い奥さんしてはいるんですけど、外見的にあんまりそうと分かってもらえないのはしょうがない。

さて、そんな葵に対して、妙にグイグイ聞きにいく鮫島さん。
一応お互い悟の対戦相手ポジションではありますけど、
実はこれがこの二人の初会話描写だったりするのですが、
描かれていない所ではそれなりに仲良かったりしたのでしょうか。
鮫島さんに結婚願望はまるでなさそうですが(「恋愛に夢持てない」とか言ってたし)、
これだけ「ゲーマーの夫」について聞くのは、
ゲーム知識のついでにゲーマーについても色々興味があるから…もしくは、
相手が悟だからでしょうかね。まさか。
どちらにしても、「旦那様としてするべきことはしてくれてます?」というのは、いくらなんでもグイグイ行きすぎだと思うのです。
話せる訳ないですよそんなん。

・運が良かったのかどうか微妙な久米屋さんのぺろっ。
坂上との絡みのためか、ソロで登場することの多くなってきた久米屋結さん。
家族ゲームで今までありそうでなかった、水着が外れるイベントがついに発生。
擬音が「ぺろっ」というのは残念というかなんというか悲しい感じですね…。
しかし完全に事故とはいえ、泣くほどショックなのに一切坂上を責めない結は健気だし、
それに対して「結婚しよう!」と切り返す坂上も無駄に男らしいしで、
なんだかんだでいい組み合わせですねこの二人。
まあもうここまで行ったら結婚を前提の交際すればいいんじゃないでしょうか。

しかし真菜香ももう、一切坂上の事を気にしていないんですね。
一時期は、「ここから真菜香が坂上を意識する展開あるで!三角関係キタコレ」と思っていましたが、
まさか「坂上の事はなんとも思っていない」というのが、まるで誇張なくなんとも思っていなかったとは…。
うん、こうなると久米屋さんが惚れて本当によかったなあ坂上。

あと、いよいよもって那須くんが不憫ですね。
揃って「俺らみたいのに惚れる女の子はいない!」って言ってた友人二人が、
かたや正妻と愛人両手に抱えて、かたや後輩の裸見て結婚宣言ですよ。
比べて那須くんには…何も…本当に何一つないという…。
これ以降、小太郎も坂上も恋愛相手との絡みで出番増えそうだし、
そうなると那須くんのポジションは…あ、やべえコイツ消えそう。

・酔いどれ鮫島さん。
鮫島さんの…酔いどれ姿…だと…?
うおおお呂律回ってない。「すごいんれすよこれ」とか言ってる。可愛い。
「ありかもしれにゃい」とか言ってる。可愛い。
集中線使ってまで、今までで一番嬉しそうな顔している。可愛い。
そしてなんか蕩けた顔している。可愛い。
鮫島さん、意外な事に酔いどれキャラのポジションもゲットですよ。
酔い方は真言に近い、「飲むと陽気になる」系ですね。
普段なら絶対言わない「うえーい」とか言っていますし。可愛い。

ふう。しかし鮫島さん、
(恐らく)人生初めてお酒を飲んでの感想が、
「美味しい」でも「楽しい」でもなく、「飲んだら血行良くなった!」というのはいかがなものか。
まあ「暖房費が一般家庭の数倍かかる」というレベルなら、
「暖かい所への就職」も含めて納得できる話ではありますが、
「お酒を飲んで手足の血行を良くする」という発想は、色々問題があるんじゃないでしょうか。
結局暖房費が酒代に変わるだけの気もしますし、プラス健康にもよろしくないですよ。
そして仮にこれを機に酒屋に就職しても、
血行目的にお酒を飲む鮫島さんが、酒の良し悪しが語れるんでしょうか?
「このお酒は手足の冷えにすごく効きますよ!」とか言われても大抵のお客さんはポカーンですよ。
むしろそれ、養命酒とか漢方系の所に就職した良い気がします。

あと、いくら血行良くなったのが嬉しかったとはいえ、
そして飲んでテンション上がったからとはいえ、
妻を娶ったばかりの先輩に自分の両手を触らせるというのは、ちょっと問題ある行動ではないでしょうか。
これ本当に、鮫島さんが悟に好意を抱いているのかどうか微妙な描写だと思います
まあ少なくとも、一緒に文化祭来てたりするんだから悪い感情は抱いていないでしょうけど、
単に嬉しさとテンション上がって、「普段やらない振る舞いをやっただけ」の気もしますし、
逆に(例え無自覚でも)好意を抱いているからこそ両手出したという気もします。
…とはいえ、仮に好意を抱いていても、
相手は長年一緒に居た相手と結婚して今新婚生活中という存在なんで、
この先どうなる事もないんですけどね。
むしろ鮫島さんがこの先どうなるのかが気になる所です。

・占野兄弟「仲が進展したような気がまるでしない!」
まあ描写無かったですし、しょうがないですよ。
読者の見ていない所で勝手に仲良くなられる訳にはいかないのです。
しかし「GWに遊びに誘わなかった」で二人の機嫌を損ねたのに、
頑張って二人を海に誘ったのに、仲が進展しないというのは確かに悩むところですよね。
…多分これ、舞依も一緒だからというのが答えな気がします。
個人対個人の付き合いじゃないと、多分これ以上の仲は深まらないんですよ。
しかし舞依を誘わなければ、それはそれで舞依の機嫌は悪くなるしで、
この二人、意外と板挟み状態になっているんじゃないでしょうか。案外不憫?

しかし本来、この占野兄妹と由寿・朱音がキャッキャウフフして、
その合間や背景で鮫島さんが働いているというのがいつもの家族ゲームだったはずなんですけど、
今回のこの鮫島さん推しは一体どういう奇跡の産物なんでしょうか。
11巻での扱いの分、芹先生がサービスしてくれたんですかね。
なんにしてもこれ以上ないくらいの鮫島さん回でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2013-09-15 02:30 : 家族ゲーム(電撃4コマ) : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
葵と鮫島さんの会話が今回初めてっていうのが、なんともはや。

あと、ノノックさんはなんだかんだいって那須くん好きですよね?
2013-09-22 20:40 : プリニーホッパー URL : 編集
Re: No title
>>プリニーホッパーさん
葵と鮫島さんにはちょこっとだけ因縁?もあったんですけど、
特に掘り下げる事無く悟と結婚しちゃいましたからね。
鮫島さんもこのまま触れられることなくフェードアウトしていくものと思っていたら、
今回まさかのあの展開ですよ!

那須くんに関しては、
特別キャラとして好きというより、
他2名が非リアからクラスチェンジしたのに、
一人だけ一向に立場が変わる気配も無い、という状況が、
ツッコまれていないけどある意味オイシイなあと思っています。
できる限り感想とかでネタにしてあげたい。
2013-09-22 21:59 : ノノック URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。