スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

『エクスペンダブルズ2』観た。

エクスペンダブルズ2 [DVD]エクスペンダブルズ2 [DVD]
(2013/03/02)
シルベスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム 他

商品詳細を見る


ぶっ壊れハイテンションアクションの続編。
前作はそれなりーという評価に落ち着いたので、そこまでの期待はしていませんでしたが、いやあ面白かった。
今まで観たアクション映画の中で1・2を争うくらいの面白さでした。久々のスマッシュヒットですね。

※ネタバレありなので注意してください。


・あらすじ
傭兵集団エクスペンダブルズが機密情報を奪取するも、
突如現れた悪党どもに機密を横取りされた上に、優秀な新人を殺される。
「あいつらブチ殺してやる!!」最強傭兵集団の逆襲が始まった(ただしジェット・リーはお留守番)。


今作、ものすごい動機が分かりやすいのが良いですね。
前作は「任務だから」+「現地のヒロインの言動に心打たれて」という感じでしたが、
今回は悪党が本当に考慮の余地のない悪で、
その上主人公たちには「敵討ち」という大義名分があるので、そこから先のアクションは全てカタルシスです。
R-15だけあって、容赦なくバシャバシャ流血しますし、
味方サイドが殺す気満々で、倒した相手に銃撃ちこむ場面も多かったりと、
ややもするとやり過ぎと思われるくらいの容赦ないアクションが満載ですが、
それがケレン味たっぷりで観ていて気持ち良いのです。
…というか、今回やり過ぎでケレン味たっぷりなアクションが気持ちよすぎて、ゲラゲラ笑いながら観てました。
特に、中盤の村でジェイソン・ステイサムが僧侶の格好でナイフと鎖(?)で無双する場面が最高です。
この場面、冷静に考えると、
別に重火器を使っちゃいけないような状況でもなかったのだから、
わざわざ僧侶に化けて近接戦行う意味はまるでなかったんですが、
ローブ翻してのキレの良いアクションでバッタバッタと敵をなぎ倒すステイサムの姿が心底カッコ良く、
観ていてとてもそんなツッコミする気が起きません。
この映画、冷静になって観ると色々おかしい映画で、
いきなり現れて敵兵皆殺しにして一人で去っていくチャック・ノリスなんか、
作中で何でそこにいたのか、何が目的なのかすらも語られない、
ご都合主義の塊みたいな出オチキャラなんですが、
そのインパクトの強すぎる活躍を観れば、変なツッコミは無粋と思い、
言ってしまえばチャック・ノリスならしょうがないと思ってしまいます。
そもそもこれだけの豪華メンバーの豪快なアクションを「冷静になって観る」とかそうそう出来るものではないのです。2作目という事もあり、
エクスペンダブルズメンバーのキャラクターはある程度分かっていますし、
前作で少々問題だった、
「メインの戦闘描写が夜だから絵的にイマイチ状況が分かりにくい」という点も、全面的に解消されていて、
分かりやすいガチバカ(褒め言葉)アクションとして楽しめる名作になっています。

そしてなんといってもクライマックスの空港バトル
ここでスタローン&シュワルツネッガー&ウィリスの3人が登場
横一列で重火器ぶっ放してガンガン敵をハチの巣にする場面で心の底から震えが来ますが、
そこに更に、チャック・ノリスが援軍として登場し、
ズガズガ前進しつつ敵兵をミンチに変えていく様を見せられれば、感動を通り越して変な笑いがこみあげてきます。
各々映画で一騎当千の活躍を見せていた伝説のキャストが4人も集まるのですから、そりゃ「やっべえええええええ!!!」ってなるものですよ。
特にシュワちゃんとウィリスのコンビが格好良すぎる!!
ウィリスの拝借した車を、ドアを引きちぎりながら乗り込むシュワちゃん。
呆れながらも、自分側のドアも蹴り破るウィリス。
移動しながらも撃ちまくり、
弾が無くなったら落ちている銃を(当然車に乗ったまま!)拾って更にドンパチという流れがとても良いのです。
これだけの面々が無双していればそりゃあ悪党側も打つ手なしで、
首領のジャン・クロード・ヴァンダムも、
ラストのスタローンとの一騎打ちにおいて、
早々に弾切れして(言ってしまえば苦し紛れの)素手でのバトルを「提案」したのも納得の展開でした。
例えヴァンダムがこの一騎打ちに勝ったとしても、どのみち出てきた所をヒロインに撃たれるんですよね。
それをなんとかしても、最早目的であるプルトニウム入手はもう絶望的だし…。
ラスボスのアクションがヤケクソめいてたのはなんか良かったです。

アクションシーンの無い場面でも、
キャラクター同士のやり取りも洒落が効いてて飽きずに観ていられましたし、とにかく楽しんで観られた映画でした。

今回難点を挙げるとしたら、
ジェット・リーの出番が極端に少なかった事くらいでしょうか
序盤のフライパン二刀流で敵兵集団をボコボコにするシーンが面白かった分、
以降の活躍も期待したかったのですが、まさかそのままラストまで出番無しとは…ここは残念。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2014-02-07 18:27 : その他レビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。