スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

多摩動物公園・高幡不動尊と行ってきました。

多摩モノレールに揺られて、行ってきました多摩動物公園
とにかく広くて動物がいっぱい、そんな場所です。
アリからゾウまで!!


青春18きっぷを使えば、栃木からでも立川駅まで実質2300円で往復できます。
そして立川南からはこの多摩モノレール一日乗車券の出番。
偉大なるモノレール券
多摩動物公園入場券と合わせて1000円という実にお得なセットで購入。
乗り放題は別にしても、
立川南~多摩動物公園駅間が片道300円、動物園入場料が600円なので、
普通に行くよりセットで買った方がお得なのです。これは良い。

という訳で早速モノレールに乗って多摩動物公園へ…の前に、ちょっと寄り道。
途中の高幡不動駅で降り、高幡不動尊にお参りしてきます。
高幡不動への道
駅から近いので、こういう時にパパッと寄れるのは良いですね。
立派な五重の塔が印象的です。
五重の塔あります。
また土方歳三の銅像もあります。
鬼の土方さんの像。
どうも土方さんの菩提寺らしいので、その縁ですね。
参道近くの休憩所でも、新撰組関係のイベントポスターが多く貼ってありました。さすが。
(「聖地巡礼」の人とか来るんでしょうかね。)
アジサイの名所らしいので、
時期が時期ならそちらも楽しめたのでしょうけど、残念ながら今はそのあたりの見どころは無く、
むしろ花粉症の身には花粉がひたすらにキツいです(とうとう今年もやってきたか!)。

という訳でお参りを済ませ、お昼を食べたら再びモノレールで移動。

多摩動物公園だゾウ。
ついに着いたは多摩動物公園。入口からいきなり巨大なゾウのお出迎えです。
真っ先に向かうのは園内南東に位置するアフリカ園。
野性味薄い
ここではライオンたちが百獣の王たる姿を…まるで見せず、平和にお昼寝中です。
自分らの餌をカラスたちについばまれるくらいの平和っぷり。ちょっと寝ぼけすぎでは…?

そんなアフリカ園、
シマウマ・キリン・オリックス・ペリカンらは同じフロアに一緒に居るのですが、
流石に水族館の大水槽とは違い、個々の種で固まって行動していて他の種とはあんまり関わろうとしません。
まあ野生生物としては正しいのですが、違う種同士で絡む姿を見たい気持ちはあったので、少々残念。
一匹で水飲んでた一本角のオリックスが印象的でした。
独り身のオリックス、よくよく見ると一本角
こういう見た目の奴って群れの中でも孤立するのかなあ…。

北に抜けて、オーストラリア園のカンガルーの所へ。
ここでも動物たちはお昼寝真っ最中です。まあ天気も良かったですしね。
しかし寝ているカンガルーのオッサンくささはどういう事か。
だらけカンガルー。
カンガルーって他の動物より寝相が人っぽいんですよね。
そのままコアラ館に行きますが、
コアラは丁度餌やりタイムのために混みようが半端でなく、ほとんど見えませんでした。
しかしこの館、夜行性動物のエリアにもなっており、
ここのムササビがちょこちょこ動き回る姿が非常に可愛らしい。
野毛山動物園のネズミもそうでしたが、齧歯目のちょこまかした動物って、
常にちょろちょろ動き回っているんで、割と長い間見ていられて飽きが来ません。
この日のライオンやカンガルーがそうでしたが、
動物ってタイミングが悪いと寝ている姿ばかり見る羽目になりますから、こういう動いてる動物は良いですね。


さて、アジア園へ向かうと、見えてきたのがシフゾウさん。
四不像(シフゾウ)さん。
あまり馴染みの無い動物で、なんのことだかという感じですが、漢字で書くと「四不像」。
角がシカ、頸部がラクダ、蹄がウシ、尾がロバに似ているが、そのどれでもないと考えられたことが名前(四不像)の由来らしいです(と、wikiに書いてあります)。
ちなみにこの四不像という漢字に、何やら既視感を覚えた人もいるかと思いますが、
かの『封神演義』で太公望の乗り物スープーシャン(四不象)がこの動物だったりします。

封神演義 完全版 1 (ジャンプ・コミックス)封神演義 完全版 1 (ジャンプ・コミックス)
(2005/07/04)
藤崎 竜

商品詳細を見る

確かに角がそれっぽいですね。顔はムーミンじゃないですが…。

もう一種、アジア園には珍しい動物としてターキンが居ます。
いくぞ黄金戦士、ゴールドターキン
シフゾウはシカ科でしたが、こいつはウシ科です。
金色の毛並が神々しいですね。
高山や谷の森林地帯に生息していることが多いらしいですが、
それらの場所で遭遇したら神の使いか何かかと思ってしまいそうです。カッコいいですね。

この後ウマ・オオカミなどを観てまわりましたが、流石にここはちょっと広すぎますね。
全部観て回ろうとすると相当疲れます。これは園内バスが走っているのも納得です。
コース全部歩くとなると7kmも歩くらしいです。パねえ。

動物公園を後にし、多摩モノレールに乗って立川で中央線に乗り換えます。
そのまま帰路コースはとらずに中野で降り、
軽く飲んだ後に最早ホームになりつつあるブロードウェイへ。
ここでやっとねんがんの『足摺り水族館』を手に入れられました。バンザイ!
足摺り水族館足摺り水族館
(2013/08/30)
panpanya

商品詳細を見る

これについては後でレビュー書きます。

その後新宿でご飯食べて栃木へ帰宅。
久しぶりに動物沢山観えた良い日になりました。
多摩動物公園は決して近いとは言えない距離ですが、動物の種類が非常に多くて面白いですね。
また多摩モノレールの一日乗車券とセットで買うと非常にお安いというのも高ポイント。
その気になれば他多摩モノレールの他の駅も見て回れるし、これはかなりオススメできる行楽スポットです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

2014-03-09 16:57 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。