スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

家族ゲーム(電撃4コマVOL.190)感想。


やらないと思われていたバレンタインデー回が、一ヶ月遅れでまさかの登場です。
3月は絶対欠かせない結婚式なので、これは次号連続掲載もありますかね。
ここまで来ても、この漫画が終わるかどうかが分からないというのはなかなかすごい事態ですね。
流石に次で終わるなら「次号最終回!」的なアオリが入る気もしますが、
ここまでやって、4月以降何やんだと思う気持ちもありますし、さてどうなるのか。



・今回もガッツリ登場する翠。
舞依の相談役にして、舞依の悩みの元凶である翠ちゃん(しつこいようですが初出は『看板娘はさしおさえ』)、
バレンタインに便乗してグイグイ食いついてガンガン煽っていきます。
これだけ表情豊かなキャラは見ていて楽しいですが、
割と真剣な話、翠と由寿があれだけ煽らなければ舞依が今ここまで悩む事は無かったと思うんで、
小学生時の朱音みたいに、翠も責任取ってアドバイスするべきじゃないでしょうか。
(そうか、何かに似てると思ったら昔の朱音と同じような行動してるんですね彼女。)
そしてそんなやりとりに聞き耳を立てる尚武の姿に、なんか嬉しくなりました。
そりゃあ妹モノ好きとしてはこれ以上無いほど興味深い話題ですよね。
舞依と直接の面識は無いはずですし、これは「え?兄好きとかマジ話!?」とか思いますよ。

・恋する乙女と恋すらしてねえ乙女。
すっかり初々ラブコメ枠が板についた結さんと、
もう汚れキャラが板につきつつある日出子さんたちがチョコ売り場で遭遇。
日出子さん、見た目だけでなく中身も『ゲ~まん』のまどか部長に近くなってきたなあ…。
というか、大城さんたちは青春まっただ中のはずなのに、何故彼氏を作ろうという気がまるでないのか。
なんかもう、彼女たちの中では自分らが「そういうもの」だと思ってるんじゃないですかね。
まるで迷う素振りの無い雑な見切り品チョコ選びといい、この娘ら自分の環境に慣れ過ぎてる。
しかしそれでいて、義理チョコをあげるつもりはあるのは、根が良い子といえばいいのかなんなのか…。
「彼氏いる娘は彼氏に気合入れたのあげるだろうから…」的な配慮してそう。
鮫島さんは多分そんな事考えてもいないだろうなあ。

・ぴよちゃん本気の手作り。
スレまくった日出子たちに対して、
やっぱり本命へは手作りをしたがるのが葵・紫杏・真言・由寿・そしてぴよちゃん
最近出番がご無沙汰でしたが、久しぶりに出てくると、ちょっと印象違う気がしますね。
やはり結婚して大分時間が経ったというのが大きいのか、随分落ち着いた感じです。
そして未だに尚武とラブラブっぽい事が示唆されたのがなんか嬉しいですね。
この二人は意識し出してから仲が進展するまでが本当に長かったので。
「付き合い始めた頃の気持ちが蘇る」かー…。
あの頃のぴよちゃんは進展しない事を嘆いていた印象が強いですが、
バレンタインといえばアレですね。チョコケーキ作って尚武に顔についたチョコ舐められた回
アレは今思えばこの二人が一番イチャイチャしていた描写だったかもしれません。
チョコケーキ作るくらい気合入れてたぴよちゃんにも、頬ペロする尚武にも驚きがありました。
なるほど今の良くも悪くも安定したこの夫婦の良い刺激になるかもしれませんね。
しかしあの周りから呆れられるくらい進展しなかったぴよちゃんが、
今や年下に恋愛助言するというのは、何やら感慨深いですね。

・舞依の恋愛相談→良明!!
舞依の恋愛相談されるも、まるで役に立たない真言。
汗ダラッダラ針のむしろ状態の表情が面白かったです。
真言がこんな顔したのって初めてかとおもいますが、
よくよく考えると年下にここまで頼られた事無かったですしね…葵にはむしろ相談する側だったし。
しかしこれ、自分が一ミリも興味無いジャンルを「好きだよね?」って振られたときの顔だわ。

そこで御鉢が回ってきたのが良明というのがなんとも…彼も恋愛経験値はほぼゲーム知識しかないというのに。
初期はちょっとしたことでフラグフラグと言って尚武にたしなめられるキャラだったのに。
まああれから真言絡みで色々強制的に成長しましたからね。
ギャルゲー脳に経験が加わってハイブリットへと進化したのです。
まあ少なくとも、自分の趣味を舞依に押し付けている由寿や翠よりはニュートラルな意見を出せるのですから、
相談相手としてはそこまで悪いチョイスでは無いのかな。
(個人的にこういう話題に一番強いのは由寿の一件で実績あるぴよちゃんだとは思うのですが)
蓋を開けてみれば、
なんだかんだで「泰敬たちにも問題ある」「由寿や翠が変な情報与えなければ問題無かった」という点はツッコんでるし、
ちゃんと由寿の兄好きについては伏してるし(舞依は知ってますが)で、なんか良明ちゃんとしていますね。

「仲良し兄妹のわがままで恋愛感情じゃない」というのは、正直ちょっと拍子抜けする回答でしたが、
よくよく考えると、
舞依が将敬と一緒にお風呂入りたがったりしてた辺りは、
あれを恋心と考えるよりも兄に甘えたいという気持ちだと考えた方が自然かもしれませんね。
私自身、舞依の「血の繋がらない妹」というキャラ性から、
由寿と同じように禁断の義兄妹愛展開を連想していましたが、
確かに舞依は由寿とは違って、ちょっとブラコンなだけである気がしてきます。
…逆に言うと、「血の繋がらない妹(ブラコン)」なんてオイシイキャラ設定で、
由寿との対比にもなるのに、禁断の義兄弟愛を何故やらないのかと思わないでもないのですが、
まあそこは泰敬が最初に否定していましたしね。

・永妙寺「付き合って一ヶ月でキスのとき舌入れてくるんだよ?」
悟「えっ」
良明「なにそれこわい」
尚武「ないわ」
坂上「ありえん」
泰敬「どういうことなの」

泰斗これ、積極的とかそういうレベルじゃないんじゃないですかね。
多分この漫画でここまでハイペースで展開していったのって宇藤兄弟くらいだと思うんですが。
というか、由寿も泰敬もまだ恋人とそこまで進展してないですからね。大学4年生ェ…。

しかしこれが許されるのも泰斗のショタ特権ですよね。
他のキャラで「付き合って1ヶ月でべろちゅー」なんて描写入れたら非難轟々ですけど、
泰斗なら、そして相手が永妙寺ならなんか許される空気が出来てます。
正直、あの手この手で泰斗を誘惑していたのは当の永妙寺なんで、
今この一転攻勢で慌ててるのも、ある種の自業自得ですからね。
このほのぼのと背徳感のきわどいラインはすごいなー…これが所謂「おねショタ」の魅力なんでしょうか。
この永妙寺と泰斗のアレコレは、ちゃんと描けば結構需要あるんじゃないですかね。

・ゆきえさんの変化球。
娘が結婚する歳になって、新たに夫の愛し方を模索するゆきえさんはある意味幼な妻の鑑ではないかと思いました。
以前に大学生がゆきえさんを見た時は、
「あの見た目でも昼飯をコーラで済まさせる嫁はアリかナシか」で議論していましたが、
これだけ旦那さんへの愛情が深いのなら、大分アリなんじゃないでしょうか。
正直、初めて征爾さんを羨ましく思えました。

あとこれ、「真言に聞いて」って言うのは、
それ元を辿ればぴよちゃんが言ってた「気合入れて改まった感じで好きって言う」ですよね。
久しぶりに、家族特有の人間関係の豊かさが発揮された感じで嬉しいです。
こういう描写すごい好きなんですよね。

・ラブ不足の高校パソコン部。
色恋沙汰に溢れていた高校パソコン部も今は昔。
結と坂上がぎこちないピュアラブをしているだけで、出番も恋愛分にまるで足りません。
なの姉って見た目可愛いのに、まるでそういう話ありませんね。
やはり男性陣が有象っぽいのがネックなのか…というか、正直相手は所くんしかいないしなあ。
一方で、目隠さんは巨乳だけど触手好きだしで、どうにも恋愛に発展する様子がありませんね。
…月至さん(ショタっぽい眼鏡)はともかく、みんなナチュラルに真園部長の事忘れてません?
彼女、巨乳キャラでありながら、
有象の多いパソコン部で誰からも好意を向けられていないというのはすごいですよ。ドMの業は深い。

そんなパソコン部で、今や第2の顧問と化したゆかりですが、今年のチョコは可動フィギュアだ!
ゆかりさんにとってバレンタインデーは、もはや独りワンフェスになっている気がします。
チョコで関節可動させるってどんな技術なんだそれは。
考えてみたら彼女は初期の頃(小学生時代)から自分の顔チョコとか作ってましたからね。
大学生にもなればこれくらい…できる訳ないですよね。普通。

そしてチョコもそうですが、さり気にゆかりの格好も結構すごい。
ゴスロリ…というにはちょっと甘めですが、フリル&リボンのワンピースを普通に着こなす女子大生って…。
よくよく考えるとゆかりのキャラクターって滅茶苦茶濃いですね。
家は大金持ちで見た目は小学生でプログラミングできてお菓子作りの腕がプロ並み。すごい。

・落ち着く所に落ち着いた舞依。
とりあえずの舞依の結論は出た感じでしょうか。
未だ泰敬と将敬が現状維持になっている風なのは、もうしょうがねえなあと言う感じですが。
占野兄妹も悪い訳ではないけど、
正直遊佐家や温水家と比べると、読んでいてそんなに積極的にこの先どうなるか気になる感じはないんで、
このあたりで落ち着いてくれると嬉しかったりします。
なんというか、他のキャラの関係がどんどん進展していっているのに、
この3人はどこまでいっても「家族」だから、どうしても関係が変わらず、
結果読んでいて話題がループしているような印象を受けてしまうんですよね。
『家族ゲーム』の面白さには、「キャラが成長してどんどん話が進展していくところ」もあるので、占野家はちょっとその辺が寂しいのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2014-03-30 23:56 : 家族ゲーム(電撃4コマ) : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

次はいよいよ結婚式ですね!とても楽しみです!!
2014-04-01 20:44 : marumo URL : 編集
Re: タイトルなし
>>marumoさん
結婚式、流石にゆきえさんとて感極まると思いますが、さてどうなるのでしょうかね。
最近出番のないキャラも登場してくれると嬉しいです。
2014-04-02 22:40 : ノノック URL : 編集
どうもです。
恋愛相談で良明と真言が相談される側に回るなんて想像できませんでしたね。今の二人なら相談される側でもおかしくないですが、なんか不思議な感じですね。月日の流れって早い…
ぴよちゃんが尚武と仲良くしてるようで良かったです。バレンタインのチョコケーキの回懐かしいですね、今度は逆バージョンも見たいです。個人的にはこの二人のイチャイチャも見たかったです。
パソコン部は確かに恋愛要素少ないですよね。たまにはそういう代もあって良いとはおもいますけどね。でも今後恋愛要素増えそうな予感もします。

そして、このバレンタインデー回すら出ない窓香と優は一体どうなっているんでしょう
2014-04-06 21:08 : 光 URL : 編集
Re: タイトルなし
>>光さん
今や相談される側になってる2人ですが、
そんな2人の(主に良明の)恋愛相談を受けていたのが尚武とぴよちゃんなんですよね。
温水夫妻も恋愛ポジションとしては今や古豪ですので、今更イチャイチャは描きにくいのかもしれません。
窓香と優も同様で。いや見たいですけどね、イチャイチャ。

パソコン部は…どうでしょうね。
今の所、所くんなの姉くらいしか進展しようがない感じがします。
よくよく考えれば彼らももう3年生になるじゃないですか。早いなあ。

2014-04-06 23:10 : ノノック URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。