電撃4コマVOL.192感想。


今回全部家族ゲームに持っていかれました。そりゃそうですよね。
だって結婚式ですよ?主人公姉妹が中学1年/小学4年でリアルタイム進行していった連載で、
まさかここまで続くとは、芹先生も含めて誰も思いもよらなかったんじゃないでしょうか。
しかし現在コミックスが続刊されている家族・ちい姉共に、主役が人妻になっているという事実。
電撃4コマって結構対象年齢高めになってる気がします。



・家族ゲーム
毎号次回以降への含みの多い漫画ですが、
流石に今回は結婚式ということで、主に過去話を振り返るのが主でしたね。
まあそれもこれも結婚式ですからしょうがないですよ。こういう場で花嫁花婿以外の何の話をしろというのか。
そういう訳で、やはり鮫島さんの片思いを掘り下げたのは意外としか言いよう無かったです。
まさかここに来て、鮫島さんと悟の関係に一応の結着を付けるとは。
関係自体も上手く軟着陸に納まりましたし、やはり芹先生はこういう所がすごく上手いと思います。

・シノビモノ
閉店かーゲーセンは斜陽と言われてから随分経っていますからねえ…。
大型筐体は初期投資も掛かるし、格ゲーメインの店とかは方向転換もできませんしね。
潔く閉めるか、常連の女子高生のDVDを(本人の許可なしで)売るかという絶望的な2択ですよ。
というか、Z店長はこれ普通に捕まるんじゃないかな?何か法律に引っかかりそうな気がする。

後半の半モブの人たちが出番がどうのと話していますが、
そんなん誌面で主張できるだけ扱いは十分いいよなあと思いました。
真に影が薄いキャラは出番すら描かれませんし、「出番無いね」みたいなツッコミもされませんからね。
家族ゲーム、同期のほとんど同じ立場だった男子2人に彼女が出来て独り取り残されて、
かといって一人で女子陣に混ざる訳にもいかずに今作中で立ち位置がリアルになくて、
今回の結婚式でも当然のように同学年で独りだけ描かれなかったあの眼鏡の人とか。
そしてそういう「あんまりツッコまれない不遇キャラ」の方が読者としてはネタにしやすいんですよね。
あんまり自分らで「影薄いポジションだから。ネタキャラだから。」と主張されちゃうと、
養殖モノの味気なさを感じてしまって、あんまり読んでてもイジる気がしなくなってしまうんです。
シノビモノだと、むしろのんの同級生とかの方がリアルに出番無いし…。

・ふーふ
久々に岡田さんが面倒くさいな!
この人、本当に今やオタクの闇部分をコトコト煮込んで凝縮抽出したようなキャラになっている。
基本悪い人ではないんだけど、
後輩に限定版ゲーム薦めて、あわよくば特典ゲットしようとか、
ゲーム発売日が延びて「発売日延期なんて!ファンの気持ちはどうなるんですか!」となった後に、
「やっぱ発売日ズレた方がしっかり遊べるな!その方が完成度高まるんだし延ばせ延ばせ!」
とか言っちゃうあたり、もうホント、エゴだよそれは!とツッコまざるを得ない。
その後脳内仮想敵と戦い出すあたり、深くて暗い業が見えますね。この人怖い。

それに比べると、りんはまだリアル恋愛の事で空回ってる分ほのぼのしてるなーと思います。
風見乃君も余裕ありそうに見えてあれは強がってるんじゃないか、という仮説も出ましたね。
…まあ、だからと言って結城とりんが付き合うビジョンはまるで見えないんですが。多分無理じゃないかな。多分。

・ちいさい奥さま
灯さん…自分で頭が悪いと思ってなかったのかこの人!
ちい姉時代から、頭の良さそうな言動を何一つ見せず、
それどころかちょっと一般常識から外れた所で生きていた風でもあったのに。
読者はこの人の事をアホの娘だと思っていたのに!
というか「お姉ちゃんだからそんなことはない」っていう言い方がもう、アホだよね
この人の「ちいさい」って見た目の事だけじゃないからなあ…。
中身も相応に、もう「酒が飲める子供」だと思っていたんですが、おお…もう…。

・げ~まん
バイオレンス枠が3階から飛び降りてくる事を予測できないあたり、
地井くんはまだまだ北浜作品への慣れが足りないと思いました。

しかしこれ、漫研に客来るのかなあ…。
なんというか、晃さんとまどかさんが居る所に来ようと思うのは、危険センサーの鈍い人だけなんじゃないですかね。
まどかさんはうっかり関わるだけでなんかとんでもない目にあわされそう。
というか地井君は成り行き入部しただけなのに、すでにとんでもない目にしか合ってないし

・我が王に願う
ホワイトデーのお返しにMP回復アイテム(無消費)ゲットかー。
さり気にこれ、ゲーム貰うよりすごいんじゃないでしょうか。
徹夜も平気と、さり気なくとんでもないこと言ってますけど、
MP回復では体力の回復はされないと思うから、
精神は平気でもそのうちパッタリ倒れるんじゃないでしょうか。
これは危ない…なんか非合法のお薬みたいな扱いじゃないですかね。
澪の防御杖は、なんというかこの先すごく使いそうな雰囲気がプンプンしますね。
あとは物理剣かー…これこそ本当に使い道が分かりませんが、
彬を物理系と魔法系どっちに行かせるかと言ったら、確かに物理の方が良い気もするんですよね。
多分、魔法系は要知力だし。
とはいえ、物理的にも澪の方が確実に頼りになるしで、
じゃあ彬は何が優れているかと言えば、
やはり、ホワイトデーでゲーム2本とアイテム2つ手に入ってしまう人望なんじゃないでしょうか。
実際、彼女の周りに実力者も多いんですし、その辺活かして劉備タイプの主人公として活躍させればいいと思います。

しかし「お妃様の傍仕え」って、栄転か地獄かとっても微妙な所ですね。
早速MP回復杖が猛威を振るうのでしょうか。あと物理剣。

・ゲマママ
パッケージにチュッチュとか、
野月先生、ダークソウル好きすぎだろう…。
未プレイですが、「うわー!やられたー!」でなんかちょっと嬉しくなってしまう気持ちはなんとなく分かります。
低レベルの内から挑める強敵の居るゲームは良ゲー(自論)。
世界樹といい、野月先生はすぐ死ぬゲームが好きみたいなんで、
魔王物語物語とかRuinaとかやってほしくはあります。難しいでしょうけど。

そして有坂先生は今日も寝不足、というか寝てない
でもちゃんと授業するあたり、先生としては最後の一線は越えてないですよね。まだ大丈夫。

・放課後プレイ
うーん、相変わらずフキダシがデカいなあ…。

この辺とか、コマの半分がフキダシで埋まって、
キャラが端っこに追いやられている様に見えるのですよ。勿体ないおばけが出そう。
台詞量が多いというのもあるとは思いますが、例えば同じ号のゲマママの長めの台詞を見ても、

そんなに見づらい印象は受けないんですよね。
台詞が長くなりすぎないように工夫されている家族はもちろん、
ダラダラトークの多いちい奥でも、見返してみるとキャラが追いやられているまでの印象は受けません。
ふーふではりんや岡田さんがすごい長い台詞でコマ圧迫していたりしますが、
これは彼女らのテンパり具合を表現してわざとやってる系のものですから、また話が違います。
これらの事を考えると…放課後って結構雑じゃね?と思ってしまうなあ…どうにも…。
別にこき下ろしたい訳じゃないですけど、
この漫画のこの「すごいデカいフキダシ」が読んでいてとても引っかかる、
大きなマイナスポイントになっているなあと感じているのは事実。
電撃4コマで一番(世間的に)成功した漫画ですが、
例えば4コマ描こうとしている人には真似してほしくない描き方だと思いました。
何度も書いてる事ですが、本当になんでこんなにフキダシでかいんだろう

それとは別に、実在の有名ゲームプレイヤーの話題は流石にニッチというか、
伏せ字とはいえ名前上げるのはゲーム4コマでやる話じゃないんじゃないかと思いますね。
知らないゲームの話題は「あー…ゴメンやってないや」と思うんだけど、
そこまで来ると、「いや、知らねえよ」って思ってしまいます。いや知らねえよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2014-04-28 01:06 : 電撃4コマ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード