『第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇』34~45話。

第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇
(2014/04/10)
PlayStation Vita

商品詳細を見る


ぼちぼち戦力も出揃ってきましたね。
その分出撃枠がギチギチで使う余裕の無いユニットも多くなってきたのがちょっと残念です。
今回本当に出撃枠に余裕が無いですね…。


34話。
ブラックゲッターがインベーターの腹から出てきてみんなドン引きの巻。
まあインベーターに飲まれた程度で竜馬が死ぬとは思いませんでしたけどね。結果としてついに真ゲッター帰還!!
しかし宇宙空間でどうやってブラックゲッターから真ゲッターに乗り込んだのでしょうか?
ダイナミック乗車にもほどがありますよ。
ついでにキタンとヨーコも加入。
あ、ヨーコはミシェル機と一緒につけるのにいいですね。これはヨーコさんナイスタイミングでした。
キタンも2Lで援護防御持ちなんで、リアル系のサブにつけておくには良いユニットかもしれませんね。
そういえば、ビッグオーのカスタムボーナスとったら、「プラズマギミックが移動後使用可能」になりました。
イマイチ範囲の狭いMAP兵器でしたが、これは強くなる気がしますぜ。

35話。
流石にスズネ先生の様子がおかしい事にみんながツッコミはじめました。
とりあえず「ストレスじゃね?」という事になりましたが、
これだけ思わせぶりなのがホントにそれだけだったら逆にすごいなーと思います。
そんな中、ネオジオンと遭遇したので、みんなで緊急出撃。
「戦闘なんてくだらないのによ…」と呟くバサラですが、
彼からしてみたら、
再世篇であれだけ自分の歌を聴かせたのに、それでもクワトロが戦争宣言されてしまっている訳なんで、
こればっかりはすごいショックかもしれません。
まあそれはそれとして、ネオジオンのピンクちゃんことガザCは相変わらずボーナスキャラのような脆さですね!
削る必要すらなく、ボコボコボコとみんなで撃墜数を稼ぎます。
序盤からいるくせにアルトや宗介(1.5軍)は未だエース未満ですからね。ここらで稼ぎましょう。
そしてビッグオーのプラズマギミックが冴える!!
範囲に巻き込んだ数だけ殲滅し、ここだけで10機は落としました。
後半、イベントで出てきた敵をスザクとゼロが帰してしまったのが残念。もっと稼ぎたかったのになあ…。
この2人も加入しますが、正直使う枠ないなあ、という感じ…。

色々あってヒゲの飲んだくれが無双したり、
宇宙怪獣が乱入してきたりしましたが、やっとねんがんのガンバスターが加入。
2Lなんで相当強いですけど、バリア持ちなんでEN切れが心配ですね。
ちゃんと補給ユニットそろえておきたいです。
分岐は当然スーパー系と一緒に日本に行きます。

36話。
桃井さん義父をみんなで説得しようとするも、ズバズバ言い負かされる話。
赤木・木下・ワッ太・シンジは欠点を指摘され、逆にヒビキやノリコは褒められます。
「お父さんに怒られるのってこんな感じなんだろうか」と満更でもないシンジは本当に不憫。
父親と死別している主人公が多い中で、
生きてて息子にこんな事思われるあたりが、ゲンドウがいかにクソかという話ですよね。

戦闘では、ブロッケン伯爵が久々に登場。つまりカモです。
多分今作で一番威厳の無い悪役ですね。しょうがないね。
あっさり撃墜してクリア。スーパー系の人たちはエース増えてきたなあ。
赤木のエースボーナスは底力由来の物なんで、あんまり使えそうにないですね。残念。

37話。
夏休みの終わりにグーラがやってきた。
という訳で分かりあおうと色々やってみますが、どれもダメ。
美女大会の「未だ根強い人気を誇るツンデレ娘!式波・アスカ・ラングレー!」というキャッチフレーズはなんなのか。
何故作中一番若いのに往年のヒロイン扱いされなきゃならないのか。
というかこういうところに連れてくるのは綾波じゃないのか。グーラもそっちの方が好みっぽいんだけど。
戦闘は自体はやっぱり楽でした。
なんだかんだで宇宙魔王軍相手ではそんな苦戦しない気がします。
設定的にはすごい強いはずなのになあコイツ。
まあその気になれば地球丸ごとブラックホールでドーンなんですから、
部下が弱くてもさして意味は無い、という意味では理にかなってるのかもしれません。

38話。
エヴァ回。
アンビリカル・ケーブルでビルをぐるぐる巻きにするという、シンジ君の知略が魅せる回です。
なんて冷静で的確な判断力なんだ!
…というか、まあ作戦自体は良いとして、
「そうだ!チャーシューをタコ糸で縛るのと同じ理屈だ!」と、甲児が言い出すのがなんか面白い。
なんか子供向けトンデモ料理漫画みたいなノリで言ってる感ありました。
しかしアンネロッタさんもつくづくやられ役だなあ…。
毎度毎度「今日こそお前らの命日だー」って出てきて、
「私が何の策もなく来ると思うか」って何らかの策を出してあっさり破られて、
主人公からは「相変わらずゲスだな」と言われるとか、
この人もうブロッケン伯爵と同じくらいの所まで格が落ちて来ちゃってますよ。
ともかく、この一戦でシンジ君もようやくエース獲得。
「シンクロ率+25%」との事で、どのくらい影響力があるかよくは分かりませんが、結構強い気がします。

39話。
カミナシティへ。
シモンがニアにプロポーズしますが、あっさり断られます。いつもの天然です。
そこへ宇宙魔王がちょっかいを仕掛けてきたので、例によって迎撃に。
途中までシモンが意気消沈していますが、後半で誤解(?)も解けプロポーズ成功。
はしゃぐシモンに他メンバーもつられて気力上昇。WILLすらも「ぶらぁぁぁぁ!!」とか言い出し、
更にはグーラすら「勘違いしないでよね!お前たちを倒すのは私なんだからね!」と共闘宣言。これが愛の力です。
ここでノリコと鉄人がエース獲得。
鉄人のボーナスは前作に近く回避と命中に補正がつくので、割と避けて当ててくれるように進化。
そしてノリコさんが「気力150以上で奇跡が起こる」との事で、
なんのこっちゃと思ったら、必中&不屈&突撃&閃き&狙撃&熱血&魂&努力&幸運&覚醒が付加されてました(他にもいくつか付いてるかもしれません)。
1回のみなのは残念ですが、タイミング次第で恐ろしい殲滅能力になるかもしれないですね。
というか、熱血・魂・覚醒が一度につくのはヤバい。

40話。
機械獣軍団との決着戦です。
流石にボス級機械獣が何体もいると、こっちのHPも削られますね。
早めの「根性」「信頼」で大事になる前に回復しておきましょう。
その分敵数は少なめなので、こっちも気力が溜まったら大技使って一気に蹴散らします。
気力溜まったガンバスターをメインに一気に殲滅。やっぱりこれ、すごく強いですね…。
さらばブロッケン。

これにてルート合流ですが、なんかスゲー人が増えていますね。
五飛とかνガンダムとか、まさか分岐中に出てくるとは…。
アムロはここからエース狙って本格的に使っていきます。

41話。
いつの間にか捕虜になっていたマリーダ。
そしていつの間にか戦死していたダグザ
「ダグザ中佐を死なせてしまいました…」って、チーム編成してたのに言われるまで気付かなかったよ!(使ってなかったし)
あとフィアナも死んだみたいですが、まあこちらは今回チームインしていませんでしたから、別に…。
シャアとの会談の司会はロジャー。正直、不安しかない。
まあとりあえず、特異点探しのためにシャアとは一時休戦です。「シャアを信じる」を選択。
この流れで信じないというのも、あまりに厳しいので実質一択ですね。
しっかしハマーン様、シャアのカミーユやアムロに対する態度に、
いちいち「女々しいな、シャア」とか、「結局はアムロ・レイか」とか、心中でツッコミ入れるのやめてください。
まあ確かに、こいつ気持ち悪いくらいカミーユカミーユ言ってましたが、
ただでさえごちゃごちゃしているシャアの愛憎模様が余計複雑な事になる…!
案の定カミーユに絡んでくるギュネイ。お前らシャアをどうしたいんだ。

さてシャアたちと共闘して、インベーターとの戦いです。
流石にこいつら相手にリアル系はそうそう被弾はしませんが、サイズ差があるので万が一当たるとごっそり持って行かれますね。
そしてスーパー系も喰らうとHPガンガン減っていくんで、やりにくい相手です。
2Lサイズのダリーですら、3,4発喰らうと危ないですからね。戦艦を狙われるとゲームオーバーも見えてきます。
まあ即座に墜ちる事無いんで、精神コマンドでフォローは効きますが、流石に5段階改造くらいでは心配になってきました。
新たに参戦するユニットもそろそろ少なくなってきたでしょうし、そろそろメインユニットの改造進めるべきでしょうか。
そういえば、ルート分岐していた間に既存のユニットにも新たな武装が追加されていました。
アクエリオンにALLとMAP兵器が追加されたのは大きいと思います。
これでアマタ君のエースの目も見えてきた感じです。シンジとアマタは初期撃墜数がゼロだからなあ…。

ある程度駆逐すると、更に宇宙怪獣が追加されます。
まあMサイズの方は撃破数稼ぎに丁度いい相手なんで、アムロを中心に削ってもらいます。
全滅させると、これでシャアらとの共闘は終了…と思っていたのに、
ギュネイとクェス、マリーダはこっちのチームに残るみたいです。えっ!?正直君らの枠無いよ!!
分岐は折角なんで(人類の未来が危うい時に)「休暇を取る」を選択。
まあこの方が面白くなる気がしますんで。

42話。
アルトとカイエン、ヒビキやルカから愚痴の電話をかけられてるシンとカミーユ。
カイエンってそんなキャラだったのか。
流石のギュネイもこれには呆れ顔。というかコイツ、ずっと呆れてしかいない気がする!
休暇の終わりは、くろがね屋の温泉覗き騒動。
宗介&ウイング組VSヒビキ&クルツ&ボスたちという、謎のドリームマッチが開催されます。なんだこれ。
そして絡んでくるアンナロッタさん。これほど温泉旅館似合わない人いないよなあ…。
更に恒例のポン太くん。もう何だこれ。
初のポン太くんに「誰が乗っている!?」「無人機か!?」とまともに反応する五飛ですが、
流石に3度目ともなると、みんなポン太くんという存在を受け入れてしまっています。
トロワですら、「中の人などいない」「あれには子供の夢が詰まっている」と言っていますからね。
成行きでアンナロッタとも共闘。熱い展開なのに、熱海。
「私は…何をやっているんだろうな」という呟きも全くですよ。この劣化マルグリッドさん!

ティンプ・ベック・ゲイツと色物トリオに見える3人ですが、
こいつらの中だとゲイツが極持ちで飛びぬけて厄介な気がしますね。バリアもあります。
とはいえ他がまあザコいので、みんなで囲めばなんてことなく撃破。
そろそろ熱血持ちも増えてきましたから、ボス相手でも随分楽になりましたね。
また」この戦いでアムロとアスカ(シンじゃないほう)がエース獲得。
アスカの気力+10がありがたいですね。開幕から攻めまくれます。
アムロは「ニュータイプ専用武器の射程+1、技量+20」で、もう再攻撃マシーン決定という感じ。
主役級はエース獲ると一気に強くなるから困る。

43話。
お台場に宇宙魔王軍団登場、と書くとGWのイベントか何かにしか思えないですね。
ともかく、デレそうでデレきらないグーラの様子に、いい加減ヤキモキしていたのはバサラ。
エールも込めて、強制出撃でガンガン歌います。
後半出てきたアクエリオンの敵側の人も、ダイナマイトエクスプロ-ジョンで論破(?)。
バサラはメンタル最強だから、能動的に動くと本当に厄介ですね。
ある程度自重しないと、一人でシナリオ解決しちゃうんじゃないかという勢いがあります。

戦闘としては、例によってあの柔らか円盤が大量に出てきてくれたので、
これでエース未満の人も大量にエース獲得です。
ロックオンとゼロがエース獲れたのは大きい。
ゼロの「戦術指揮1チームにつきPP3入手」はこれ、稼ごうと思えばすげえ稼げますね。
PP溜めにくいキャラだけにこれは有り難い。
ボスはノリコの、魂付きイナズマキックでダンガンを蹴飛ばす→ヒット&アウェイで移動→覚醒熱血付いたのMAP兵器でザコボスともに駆逐。
という流れで一網打尽に。本当にノリコさんのエースは鬼畜ですね。
エースボーナスと言えば、竜馬のそれも条件は厳しいものの、
気力170になれば頭部ゲッタービームとかでも平気で一万越えの火力が出るのでこちらも十分に鬼畜です。
「移動後変形可能」とかの人はもうちょっと見習おう。

44話。
あしゅら男爵との最終決戦!…はつつがなく終了しましたが、
その後現れたミケーネの神々との戦いとなります。
ザコの癖に2回行動のミケーネの神に防戦一方のメンバー!果たして人類に勝ち目はあるのか!!
…という内容になる予定の回でしたが、実際にはレベル差補正の経験値ウマーの無双回でした。
こちとら前哨戦こなして気力SP☆共に溜まった状態ですから、
いかなミケーネ神とはいえ、熱血or魂掛けのマキシマムブレイク使えばひとたまりもありません。
2ターンの制限もむしろ煩わしいと思えるくらいです。その気になれば人類勝てたんじゃないでしょうか。
絶望感あるステージではあったんですが、破界篇のガイオウの方がまだ怖かったです…。

45話。
熱海にて再びミケーネの神どもとの戦い。
今回は前哨戦無しなんで、気力やSPが溜まっていない状態で相手するのはちょっと厳しい相手ですね。
タロス像ですらHP1万越えの上、援護防御持ちなんで相手にするのがつかれます。
ALL武器と「直撃」を駆使して闘っていく形になります。
ノリコの気力150になるタイミングを上手い事調整して、覚醒効果で一気に殲滅してやりましょう。
やっぱりガンバスターが怖ろしく強い…。
ミケーネ神は2回行動の分、スーパー系の非ダメが大きくなってしまうのですが、
逆に反撃のチャンスも2回あるので、堅いユニットなら結構ダメージも稼げます。
むしろ連続ターゲット補正あるリアル系は怖くてあんまり接近させられません。
精神コマンドも温存すればそこまで辛くもないですね。順当に撃破。
ここで真ドラゴンも合流。戦艦扱いなんでチーム組めないのが残念ですが、
攻撃能力は高いので、積極的に打って出てもらいましょう。

ルート分岐は当然スーパー系と共に生きます。
お気に入りのトライダー・ゲッター・ガンバスターが居ないと戦力半減以下ですからね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2014-05-10 23:03 : ゲーム : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

42話で条件満たす事によって、隠しでポン太くんがユニットとして手に入りますが、
スーパー系軸だと、流石に取得したとしても、
有用なエース&カスタムボーナスもってしても、出番は無さそうですねえ。
後、完全に私見ですが、トライダー主軸でシャトルこと柿小路動かして無さそうなのは、若干もったいないかなと思ったり。
こちらも地味に良いカスタムボーナスと、おやつ量産エースボーナスがありますし。
しかもこのおやつ売却すると、500Zチップもするんですよね。
ステージでたまに発生するボーナスチップ以上の価値を持つトンデモなおやつって一体・・・
2014-05-14 02:29 : Passione URL : 編集
Re: タイトルなし
>>Passioneさん
ポン太くんは…まあ手に入っても使わないでしょうねえ。
被弾即死系のユニットは怖くて前に出せません。今回ボスともなると結構当ててきますし…。
シャトルはカスタムボーナス取って補給の概念を覆すチート機体になっていますが、
流石にメインで使ってエース取らせるのは難しいかなーと思います。
おやつが定期供給されるようになれば換金し放題だなとは思うんですが…。
しかし本当に、郁恵さんのオヤツは何で出来てるんでしょうね。
2014-05-15 23:28 : ノノック URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード