スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

電撃4コマVOL.193感想。


久しぶりの電撃4コマ。
そして久しぶりの電撃4コマ大賞候補作の発表です。
これで今回の発表はお終いみたいですね。うーん…。


・田舎なう。
芹先生、ちょっと良い話。
アレですね。「担当さんがはるばる東京から来てくれた」っていうのは、
芹先生が作者として期待されてるんだなあと思えて良いですね。
鈴城作品は読んでいてもあんまり田舎感は感じないですが、
人口密度的にあんまり東京っぽくないなあと思う所はあるかもしれません…まあ東京と言っても立川の辺りとか平和ですし。

で、それはそれとして今回のイラストはなんかグッと来ました。
なんでしょうね、女の子がとても美人というのもありますが、
よくよく考えると、芹先生の漫画でペット連れというのがとてもレア、というのがあるんじゃないでしょうか。
家族はあれだけ登場人物がいるにも関わらず、何か動物飼っているキャラは皆無ですし(ゲーム系4コマで広がるネタでは無いですけどね)、
他作品でも『くすりのマジョラム』のノーラくらいですね。
ペット扱いされてる人は何人か居るんですが…。

・ちいさい奥さま
ほらもう、前回アホの娘否定していた灯さんも、ちょっと都会に出たらこれですよ!
この人はちい姉時代から一貫して、(悪く言えば)「どうしようもない成人」だからすごいですよね。
マジでこの人社会人なんだよなあ…今は不労所得を得ている立場とはいえ、
真っ当に職に就いて働いていた社会人なんだよなあ…信じ難い。

・子供模様
みんなダークソウル2好きだなあ…まあやってませんけどね!
しかしこの漫画でも他の漫画でも一貫して「難ゲー」扱いしていたはずなのに、
「敵も居ないしちょっと呼ばれたから放置していいでしょ」とか考えてしまうこの2人は、
もうちょっと考えてプレイした方が良いと思いました。
そこは学べよというか、プレイ中に放置とかちょっと迂闊すぎるでしょうが。

・ゲ~まん
晃さんの過去話は概ね予想通りでしたが、
「可愛いイラスト」が脅しになる、というのが唯一意外でした。
この人脅そうなんて思ったら、物理的に制裁されそうなんですが…。
しかしこんだけチンピラ相手に無双しても、
「ああいつものキタハマンガだな」と納得するばかりで全然驚けないというのは良い事なのかどうなのか…。
今回これだけ晃さんが無双しているというのになあ。

・我が王に願う
彬の怠慢ぶりに、皇妃さまも密やかにお怒りです。
確か彬のミッションって、
「るうの水晶持って来い」→「風真の元嫁が持ってったかも」(確定ではない)→「元嫁探さなきゃ」→「今どこに居るのよ…」
で止まってるんでしたっけ。
つららさんと元嫁の関係が明らかになったりはしましたが、
結局それで何が進展するでも無しですからね。そりゃあ怒るわ。
流石に同性でカタギの彬には滅多な事はしませんが、この人部下にはとことん容赦無いですからね。
それでなくてもグチと駄目出し5時間ですし、彬はこれ、結構面倒事を引き受けてしまった感あります。

しかし本当にるう可愛いな。
これがバツイチの元異世界の王と言われて誰が信じるというのか。
そして元夫元王が人間の世界でこんな子供のような態度を取っているのだから、そりゃあ皇妃さまもキレますよね。

・ゲマママ
前半ダークソウル、後半ドリームクラブという両極端を成立させてしまうのがこの漫画。
ラビとモンガが一緒になってニヤニヤしているというのはちょっと珍しい絵ですね。
まあ、初見殺し罠について隠すのは国民の義務ですから。
同じゲームをやっていて、それを共有できないというのは、あまりに酷ですから。

共有といえば、ドリクラについてはどこまでもラビと圭介は一蓮托生ですね。
「キャバクラじゃないって言ってんだろ!」から選ぶキャラまで本当に仲良しです。
そしてモンガの選んだ娘の「おとなしそうで胸が控え目のこのコかー」というのは、
やはり沙由と重ねている所があるんですかね。
まあ硬派系男子(?)との相性は良さそうですが、そういう娘がこういう店に居るものなの?

・萌えキャラへの道
世間一般的には萌えキャラというと、「ツンデレ」あたりが一番に来るのかしら。
個人的にはそういう娘より、「冷え症眼鏡だけど格ゲーがすごく上手い」とかそういうキャラの方が好きなんですけどね。
そんなキャラが大量生産される世は一生来ないと思いますが、ありきたりな萌えより個性を大事にしてほしいのです。
とはいえ、普段から「おっぱいは量より質!」とか言ってる娘は、
独自性はありますが、萌えとかそういうのより「こいつ大丈夫か?」と心配になる部分が先経ちますね。
主張はさておいて、「突如変な事を言う系キャラ」はどうにも苦手です。
ところで「乙女ゲー」と言われてプレイしたのが、
どうも『アンジェリーク』っぽいというのはツッコミどころなんでしょうか。
乙女ゲーにまるで詳しくない私(男)でも、「流石にアンジェリークは古過ぎないかなー」と思いました。
今「ギャルゲー」って言われてときメモを出してくるような違和感があります。
まあ確かに、他にタイトル出さないで読者に分かってもらえる乙女ゲーは思いつきませんけどね。
それだけ住み分けが出来てると思うべきかな。


さて、これで今回の電撃4コマ大賞候補作も出揃ったという事ですが、
…うーん、ちょっと今回はいつも以上に微妙な気がしますね。
一番良かったのは『おふろのはなこさん』ですけど、
前回の『ポペモ』と比べたら『ポペモ』ですしねー…。
今回掲載が滞った事もあり、第8回の候補作品で忘れてる作品も多いんですが、
確認のために過去の電撃4コマ感想読んでいたら、
なんとビックリ2013年の1月から発表始まってたんですね
発表に1年以上かけてたのか…そりゃあ覚えてない訳ですよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2014-05-24 01:07 : 電撃4コマ : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

今日からこのブログを見始めました!

電撃四コマ特にゲマママについての感想がよく共感するところが多かったです!

これからも更新がんばってください♫
2014-05-29 20:42 : リース URL : 編集
Re: タイトルなし
>>リースさん
応援ありがとうございます。
ゲマママはやっぱりお気に入りなんで感想も毎回頑張っています。
取り上げているゲームで私がプレイしているものはほぼ無いんですが…。
読んでくれる方がいるのは、とても励みになります。
また気軽にコメントしてください。
2014-05-30 21:00 : ノノック URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。