『俺の屍を越えてゆけ2』はじめました。

俺の屍を越えてゆけ2俺の屍を越えてゆけ2
(2014/07/17)
PlayStation Vita

商品詳細を見る



前作もリメイクも楽しんだ身としては、買わずにいられない俺屍2。
当然のようにプレイ日記も書きますよ。
ちなみにモードはしっかりで固定。よほどの事がないと変えない・・・はずです。

現在一つ目の祭具を取り戻したあたり。
久野一族のはじまり


話としては、
「一族の仇敵を討ち果たし、かけられた呪いを解く」という目的は前作と同じものの、
今回は「一族郎党皆殺し」から始まってますから、
短命の呪いの悲劇性よりも、「生き返っただけラッキーよっしゃ復讐するぞ!」という感情の方が先立ちますね。
そりゃあ首チョンパのシャレコウベの状態からだったら、寿命2年弱でも生き返っただけマシですよ…。
コーちんの適当な口調といい、前作よりも若干は雰囲気が和らいだ気がします(まあハードですけどね)。


という訳で短命の呪いを背負いつつ一族から数人が復活。
第1世代3人
なんかイケメンの初代党首九一郎ですが、
実はこの外見のベースになったのが、
さのまる(どまんなかたぬまにて)
さのまるくんという事実があったりします。まあ武士だしね。

さて我が久野一族の第一世代たちですが、
今回は別に剣士の父を持っているという訳ではないので、
要の剣士を外して踊り屋を投入という大胆采配で始めます。
まあ防御面は不安ですが、他2人が安定した薙刀・槍なんでなんとかなるはず。
で、実際戦闘に出てみると、そこまで攻撃面が絶望的という訳でもないので、
扇と薙刀の列攻撃連発で、ザコをガンガン狩ってくれます。
反面単体火力は控え目なんで、ちょっと強い敵に当たった時が怖いですが…。

ともあれそれなりに育ったら、交神といきます。
初代当主とはお地母ノ木実さまが交神。
コーちんはもうちょっと位の高い神様を提案してくるんですけど、やはり最初は奉納点10の神様から選びたかったんで…。

で、生まれたのがこの雄樹くん。
コーちん曰く、「人間にしてはかなーり毛深い」という事で、しかも鼻毛抜きの癖持ちというなかなかキャラの立った子です。
毛深いゆうきくん
見た目イケメンなのにねえ。
よくよく見るとイーノックに似てる。

そして二人目。
不二丸くんと羽黒ノお小夜さまとの子(土の神様にご執心と言われたから)の冬夜子さん。
ドヤ子さん
何このドヤ顔
雄樹くんもそうですが、素質的には体の土が高いので、前衛としては頼れるでしょう。

三人目は三津彦と福招き美也さまの子である実音子さん。
ネコっち
なんか胡散臭い細目に猫口と、両親のパーツがはっきり遺伝に出ていますね。
踊り屋として、術での活躍を期待したい所です。

ちょこちょこと戦闘には出ますが、
ボス戦らしいボス戦はほとんどなしで(晴明自爆したし)、正直第一世代の活躍はほとんどありませんでした。
早めに<速瀬>を拾えたのは大きいですが、それくらいかなあ。
そうこうしている内に初代の寿命が尽きます。
初代死亡
まあこれは分かっていた事、仕方ない事なのです。
むしろここから我ら久野家の活躍が始まるのです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2014-07-24 01:30 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード