九龍妖魔學園記[re:charge] プレイ日記 第3話

九龍妖魔學園紀 再装填(re:charge) アトラスベストコレクション九龍妖魔學園紀 再装填(re:charge) アトラスベストコレクション
(2008/04/24)
PlayStation2

商品詳細を見る

 過去に書いたプレイ日記を掘り起こしたもの。
 ネタバレ注意です。


<第3話 あらすじ>
 
前回(結果的に)取手を救った主人公たちは、
遺跡の謎について考えを巡らすが、結局これといった結論は出ない。
 再び遺跡潜入を試みようとする主人公だが、校内で謎の爆発事件が起こる。
どうもこの爆弾騒ぎは、生徒会の執行委員による、墓場に侵入した者への罰らしい。
事件現場に居たゴスロリ女子生徒、椎名の姿を不審に思った主人公と八千穂は彼女を問い詰めると、
彼女は悪びれる様子もなく、自分が爆弾を爆発させた犯人であること、
及び自分が執行委員であることを自白する。
「人は死んでも戻ってくる」と信じる彼女は、それを否定する主人公たちと遺跡の中で戦うこととなる。
 椎名を退けた主人公。
すると取手の時と同じように、彼女の体から出た黒い砂が化け物の姿へと変わる。
主人公がこれを打ち倒すと、椎名は死についての考えを改め、主人公への協力を誓うのだった。


 「執行委員は、普段は一般生徒に混じっているが、規則を破る生徒を発見すると、容赦なく処罰を下す」と言うようなことを皆守は語ってくれますが、
それにしては椎名さんは目立ち過ぎだと思います。
もう一般生徒に混じる気がないというか…。
八千穂なんて爆発現場を覗いている彼女を見つけて不審に思いました。はっきり浮いています。
 更に言うなら隠す気すら無い。
八千穂に「ひょっとして爆弾仕掛けたの?執行委員なの?」と聞かれれば素直に認めてしまいます。
 これ主人公と当たって、
事実上執行委員を抜ける事になるから良いようなものの、
こんだけ堂々と名乗ってしまっては、今後の活動に支障が出ると思うのですが。
絶対次の日には広まってるよ。相手八千穂だし。

 戦闘面では、主に知性(経験値取得率、レベルアップボーナスに影響)・洞察(銃攻撃力)・敏捷(行動力)を中心に上げてのヒット&アウェイ方式で戦っています。
というのもこのゲームでは、
・全体的に敵の攻撃力が高い
・大抵の敵攻撃にバッドステータス付加
・バッドステータスの種類が多い、かつ回復アイテムはそれぞれに必要(全バステ回復もあるが、序盤は高価)
 という特徴があるので、「攻撃を喰らっても大丈夫な状態にする」より「攻撃を喰らわない」方が簡単なんですよね。所持できるアイテム数も少ないし…。
小ターンクリアはハンターランク(評価が高いとクエスト依頼人が増える)にも影響しますし。
 科目は地学(移動コスト減少)を真っ先にSSに。数学(鍵解錠)英語(買い物での商品増加)を中心にして上げています。
国語(クエスト報酬増加)か政経(買い物時に割引)も上げればもうちょっと強い武器も買いやすいのかもしれませんが。それは後ほど。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2009-07-04 15:26 : ゲーム : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード