電撃4コマVOL.200感想。

電撃4コマもとうとう200号突破です。
いよいよここまで来ましたねという感じですね。
恒例の全員集合イラストに加え、本誌でも特集2ページ組まれています。
ふーふ枠がりんなのは嬉しいけど驚き。
本誌のヒロイン特集にもいますし、なんか推されてますね。
確かに作中一番真っ当なラブコメしていますけど、こういう所では風莉花が来るものじゃないでしょうか?
一方でネッぴからはケンジ君が来るあたりもよくわかりませんね。いやネタなんでしょうけど、ぶっちゃけ今や作中でも女顔設定弄られてないですし…。

あと、家族ゲームの葵の成長に触れてくれたのは嬉しかったです。
冷静になって考えると、小学4年生から結婚までをリアルタイム進行で描いていくってなかなかできることじゃないですよ。


・CLUBゲーム倶楽部
今回読んで思いましたけど、
漫画で「キャラが予想外に良い行動を取った時」って、読者の好感度の上がり方が結構すごいですね。
まあ壱さんの事ですけど、この「熱中症を予測して、即座に対応」という流れの速さがとても良かったです。
『一目置く』というのはこういう感覚なんでしょうか。壱さんすごい。
この辺のスペック、歩さんに分けられませんかね…。

・ちいさいお姉さん
うっぜええええ!!!!
山本さんのウザさが天井知らず!!!!
なんだこいつ!本当になんだこいつ!!!
収入はあるし、頼れる弟夫婦は居るしで、一般家庭より恵まれてはいるのに、そのくせこの不安不安アピール。
社会的にはともかく、この精神的な負け組っぷりがまるで進化していない。ブレねえなあ。
まあ、ユキさんと灯さんが性格的にアレなんで、不安になる気持ちも分かりますけどね。

真面目な話、父親となり、子供に対する責任が芽生える事になった事への普遍的な不安は分からなくはないし、
自分もそういう立場になったら共感は持てるとは思うんですが、
どうしても丸々一話使ってモノローグでウジウジされる事への鬱陶しさの方が先立ってしまうなあと思いました。
『まんが親』で吉田先生が半ページで結論出した事を長々やるなよと。


名言。

・ふーふ
冒頭の親説得シミュレーションで笑いました。
「やっぱり親からしてみたら親元離れるのは不安だろうし、お金もかかるから渋るのは分かるけど、こういうギスギスした感じはちょっとなー…。」と3コマまで読んで思ってたら、まさかのシミュレーションでした!
今まで冬太の両親って出てなかったから、コマに写らないやりとりにも違和感なかったんですよね。これはやられた。
特訓に反して実際両親からはあっさりOKが出た、という所も含めてとても良かったです。
後半はいつものふーふらしい重いお話でしたが…。
そうだ、この漫画、こういうあまりノーマルでない性癖の人たちが、真剣にその「好意」について考える漫画でしたっけ。
でも「友だち扱いするのは当然の権利だと思ってる」っていうのは、
結城や京音の立場からするとしょうがないんじゃないかなあ…。
恋愛対象には思えないにしても、それを除けば良い友人であることは確かなんだし、
スッパリ拒絶しないのは甘えであるのかもしれないけど、そこには優しさもあると思うと言わせんなこんな事めんどくせえ。
しかしよくよく考えると同性愛こじらせてるのがメインキャラ8人中4人いて、
残り4人中2人が腐女子っていうのもすごい漫画ですね。

・ゲ~まん
「汗でビショビショになった体操着着ている女子高生」という、
結構あからさまなエロスのある格好をしているにも関わらず、
一切そういう目で見られる感じの無い鏑木さんは流石すぎますね。
まあ35℃のとろけそうな日ではそんな気持ちも吹っ飛ぶでしょうけど、
それを差し引いても、この人の爽やかに頭おかしい感じはとても怖い。

・我が王に捧ぐ
わあ、ほむら君(中身は黒トカゲ)がちょっとカッコイイぞ!!
普段ゴミのように虐げられている相手に「早くしろ!!」と言うくらい本気で詰め寄るとか、
ほむら君はマジで彬に惚れてるんだなあ。
「私がついているではありませんか 警戒を怠らないでください」とか言ってるどこかの精霊より、よっぽど彬の事を心配してますよね。
というか、牡丹さん本当にひでえな。鬼か。

あとつららさんの本体らしき人が出てきましたが…まさかのロリ!!
これは本当に意表突かれました。今までの言動が本当はこのちびっこが言ってたと思うと、なんというか意味合いが大分違ってきますね。

・ゲマママ
1コマ目の跳ねてるモンガが異常に可愛いなあ。
実はこういう動きをしているゲム星人はレアである気もします。
ラビやマナはトランスフォームするからね…。

しかし『ハイスコアガール』の一件はゲームネタ漫画業界に衝撃を与えたでしょうし、
同じ掲載誌でも、特異点なんかは微妙に変えたりしているのに、
未だほとんどノーガードでやってるこの漫画の姿勢は、頼もしい反面ちょっと不安になりますね。
先の騒動を受けて自粛するのもつまらないですが、
恐らく版権許可なんてとってないだろう電撃4コマで、今まで通りのネタを続けるのも、いつか何かありそうで怖いです。
S●Kネタを控えれば良いという話ではないでしょうし…。

・となりの特異点
特異点でちょこちょこやっている、
この「アレンジしてあるけど、プレイした事ある人からすれば何のゲームか一発で分かるゲームプレイ回」シリーズ、
ようやくやった事のあるゲームが来ました。
元々好きなシリーズなんで、ステラの意見は批判的すぎて眉を顰める所もありますけどね…。
というかステラって口ぶりの割にプレイスタイル雑過ぎでしょう。
ちゃ子も言っていましたが、ギリメカラ(仮)が物理反射するのはNPCが忠告していましたし、
ここまでのザコ戦で物理耐性・無効持ちが居た(オベリスクのアラハバキとか)から、
物理も効かない敵がいるというのは分かるはず。
そこまで親切設計(メガテン基準)で物理攻撃したら、そりゃもう自分のせい以外の何でもないよ。

ちなみに死にゲーと言われがちなメガテン3ですけど、
体感的にそこまで死にまくるゲームという訳では無いですよ。
基本的に敵がこっちの弱点を狙って攻撃してくる事は無いんで、
敵の先制で戦闘が始まっても、仲魔が吸収出来る魔法使ってきて、あっさりこっちに主導権が渡る展開も多いですし、
喰らったらヤバい状況でも、上手い事避けてくれて難を逃れる事だってあります。
例えば、「敵の先制で主人公が即死喰らってゲームオーバー」という状況になったとして、
「敵が先制して」「敵のAIが即死攻撃を選択して」「そのターゲットが主人公になって」「主人公がそれを喰らう」というそれぞれの行動の確率を考えていくと、
この一連の流れが起こる確率は決して高くなく、そうなったら「珍しい物見た」と思うくらいの感覚で考えておくべきだと思うのです。
何度となくネタにされるモト劇場なんて1プレイに一回見れるかどうか、というレベルで、私は体験したことありませんし、
主人公に「食いしばり」(死亡時に一度だけHP1で耐える)のスキル持たせておけば、ザコ戦での死亡率はなお下がります。
また、先制率や魔法の成功率はこちらのステータスで変わりますし、
仲魔が無効吸収反射の耐性を揃えていれば、その分敵のターンが早く終わる可能性は高まりますし、
先制ゲームオーバーに対する絶対的な対策は無いにしても、「起こる可能性を下げる」手段は十分にあるんです。
ゆとってんなあステラ!!(既プレイヤー特有の上から目線)
後半言ってる「対策にスキル枠とられる」事も特別…そうか?という感じですね。
呪殺・破魔無効もそこまで重要性は高くないでしょうし、即死保険は「食いしばり」で十分だと思います。
後は火炎・氷結・電撃・衝撃のどれかの無効付けるか、
HP3割増の「三分の活泉」でタフになるか、くらいの対策でなんとかなるんじゃないでしょうか。
少なくともウチの人修羅はそれで創世生き抜きましたから、
今回のこの批判には首を傾げる、というのが正直な所です。

2週目の引き継ぎもアレでいいと思うんですよねー。
レベルやマッカの引き継ぎなんてしたら序盤が作業になっちゃうし、
一週目で培った知識と強い悪魔の居る悪魔全書引き継ぐだけで大分楽になると思うんですが…。
まあ、なんにしてもメガテン3の移植早い所お願いします

・がんばれ!電撃4コマ
200号記念漫画。
電撃4コマの裏話なんかもちょこちょこ話してますが、
なんだかんだで電撃4コマがまだ続くようで良かった、という感じですね。
しかし200号記念というのにグダグダしてるなー。江本先生ってこんな絵下手だったっけ?
ちい姉とかの会話のグダグダっぷりに散々感想で文句言っていましたが、
編集部の捉え方が、「昔のゲーム系4コマは起承転結だから実は別ジャンル」「別に電撃4コマだってオチがあるモノも掲載されてるけどね」というレベルなら、
これに文句を言うのは筋違いだったのかもしれません。
芹先生とか野月先生とかは異端とは言わないまでも、スタンダートではないのかなあ。
あとこれ読んで確信しましたけど、無駄なエロ推しは編集部の趣味ですね。間違いない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2014-09-07 23:25 : 電撃4コマ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード