スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

電撃4コマVOL.205感想(縮小版)。


さて今回何故かクラゲ部の無い電撃4コマです。
ふーふも随分載っていないというのに、クラゲ部まで無いとは…。
そういう訳で、一向にモチベーションが上がらなかったので、今回はやや縮小版でお送りします。
こういうのが続くとその内更新しなくなるんですよ(経験則)。


・オタク少女異世界に立つ
う、うーん…。
「頭の切れる登場人物描写」ってかなり好きなはずなのですが、
この漫画の今回の描写は鼻につくというのが正直な感想です。
何がいけないのだろうなあ。
例えば、ワールドトリガーで、
東さん(※)が、強敵との戦闘で、相手が本気を出してきたのに対し、戦略と性格を読んで、
「射撃の精度は上がってきているが、その分警戒が甘くなってきている。今が攻め時だ」と判断した場面とか、
ざくざくアクターズで、ローズマリーが異世界の村でまずそっちの世界の通貨に換金して、
その後ギルドのお姉さんに金握らせて情報収集するところとか、
そういう場面を見ての「こいつ頼もしいな」と実感できる切れ者描写とは何が違うのか。
やはり1話で3回も「こいつすごいんですよ」的描写を入れたのが流石にくどすぎたのか、
それとも(別に敵意も無いのに)「やろうと思えば今すぐお前殺せる」って言っちゃったのがあまりに感じ悪すぎて、
「頼れるなあ」より「あーイタタタタ」の方に寄っちゃったのが悪いのか…。
なんでわざわざ唯一の味方(?)に警戒抱かせるような言い回しをするのか。
しかしまあ、亜紀子さんの言動というか価値観は明らかに異常なんで、この辺をツッコむのは野暮かもしれませんね。
この人「話を聞く限りその闇の一族が悪いから、今から私がそいつら斬り殺してきます」で行動しちゃうんですよ。
なんなのだろうこの人…少なくともオタク少女じゃないとは思うんですが。
いや、亜紀子さんの行動が「ゲームの中みたいな世界だ!よしゲームの主人公みたいに悪い人を倒そう!」というオタク趣味高じてのロールプレイの可能性もあるのかもしれませんが、
だとしたらそれはゲーム脳で槍玉に挙げられるレベルの事例じゃないだろうか。

何にしても、設定を台詞で流しまくりな4コマは読んでいて目が滑るし、
最早ギャグに落とせないくらいの重い設定もあったしで、
どちらにしてもあまり好ましいものじゃないなーと思いました。そんな期待してません。

※B級6位の東隊隊長。黒髪ロンゲの25歳。
実は「ボーダーで最初にスナイパーになった人物」という設定があり、
それ相応の実力・判断力の持ち主で、他の隊員にも慕われている。
単行本では6巻のカバー裏に登場。
が、表紙が女子であったため背景がピンクで非常にミスマッチだった。


・ゲ~まん
課金ゲーかー…未だに偏見持っててやる気が起こりません。
「スタミナを課金で回復」系はプレイ時間を制限されてる感じが嫌だし、
「課金で戦力やアイテムGET」系は、どうにもゲームバランスを金で買う感じが嫌。
後払いで金がチマチマ飛んでいくのはどっちみち嫌、という訳で未だにやらずに過ごしております。
有料でDLして後課金無し、なら良いんですけど、この場合まずDLしないケースがほとんどなんですよねー。
未だiphoneで買ったのが、ケロブラスター(500円)だけという…。
一章が無料で、以降有料というのが理想なんですけど、これは今の時勢には合ってないのかな。

あと、

流石にこの2Pは手抜きすぎでは…チマチマっぷりは伝わりますけどね。

・我が王に願う
乙女ゲーもやるとか、るうも守備範囲広いなあ。
なんだかんだで「われ乙女もやるし~」とか言ってる場面とか、
施工業者を監視している場面とか、クソ可愛いですね!
一応見張り(?)くらいはするし、いざという時は魔力で壁補強できるしで、案外るうって有能なんですね。
居候先で怒りのあまり床壊すリンカさんに比べれば、ずっと良い気がします(敷金…)。
というか今更ですけどゲームに翻弄されすぎだろ異世界組

異世界組といえば、
ほむら君の彬に対する好感度も目に見えて上がっていて、なんか気持ち悪い感じになっていますね。
モブ同級生の「からかうの怖いアレ何?」という言葉も最もですね。
なるほどクール系キャラのツンデレ配分がちょっとおかしくなると、こんな感じになってしまうのか…。
つららさんの「クラスメートが仲良くなるのはいいことじゃないか」という言葉も最もではあるのですけどね。

・ゲマママ
「そういえば宇宙人だった…」がツボでした。
今更すぎる台詞な気もしますが、あまりに普通に接していますので忘れがちですよね。そういえば宇宙人だ。
地球に魔の手を伸ばす宇宙人が多い中、
ただひたすらび「一緒にゲーム」ばかりしているゲム星人のなんと穏やかな事か。
ラビと圭介やモンガと仁志の仲の良さは毎度の事ですが、
さり気にマナが優の家に居るのは珍しい気がしますね。
これだけ何の問題も無く地球人と過ごす宇宙人がかつていただろうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2014-12-08 23:22 : 電撃4コマ : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

はじめまして
はじめまして、初コメントになります。

オタク少女
この主人公は、データそのままで、2周目のキャラと予想してます。危険なセリフが多いのもそれが原因だと思います。キャラ自身には知りようがないと思いますが。

クラげ部
るう、と同じように家庭環境が厳しいキャラは鈴城作品ではいますね、そちらでは家出ネタになっていました。
2014-12-17 03:03 : ピンクルーパー URL : 編集
Re: はじめまして
>>ピンクルーパーさん
はじめまして。気軽にコメントしていってくださいね。
オタク少女が2週目データというのは、なるほどという意見ですね。
なんでそこまで強いのか、なんでそんな簡単に動けるのかというのが、
すでに1週目の経験を経ているから、というのはありそうな気がします。
なんというか、亜紀子さんのすごくあっさり命のやり取りに首突っ込んじゃう感じは、
「プレイヤーとゲームの中のキャラとのやりとり」っぽくはあるんですよね。

>家庭環境が厳しいキャラ
でぃてくてぃ部の詩ですかね。
両親離婚で母からスパルタ教育受けている、と書くとなんかすごい環境に生きてるキャラですよね…。
まあ普段は両親とも仲は良いですし、
教育の結果健康な女の子に育ってる訳ですから、あんまり不安は無いですけど。
2014-12-17 20:45 : ノノック URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。