スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

電撃4コマVOL.206感想。


電撃PS20周年ですが、
この間200号を祝ったばかりの電撃4コマとしてはあんまり関係ない話ですね。
むしろクラゲ部の休載がひたすら痛いですが、今回ゲーまんが面白かったからまあいいや。


・ちいさい奥さま
灯姉さんが大魔法使いというのが、IF話にしても盛り過ぎな設定だと思いました。
そしてIFのRPG話であれ、「リアルっぽい嫌な話」を入れてくるあたり、安定のちい奥だなあと思いました。
最早流石ですらある。

・ネットぴ~ぷる
やっぱりママさんって後ろ姿なら美女なんですね…すごいゴツい人というイメージだったんですが。

さて、代田先生の「100歩歩いて最初に目についたものをプレゼント」作戦は、
大惨事になるのかと思ったら、まあ上手く行ったみたいでなによりですね。
しかし、代田先生のこのメンタルの弱さはなんなんだろう。
なんでクリスマスに恋人にプレゼントあげるだけでこんな死にそうなストレス抱えるのか。
まあ、ぶっちゃけ山本さんの下位互換みたいな人ですけど、
下手にエリートっ気(≒海外アピール)が無い分、比べれば可愛げありますけどね。

・オタク少女異世界に立つ
うん…3話目にして話を追うのがしんどいぞ…。
ハイペースで話が進むのは良い所だと思うのだけれど、固有名詞とか役職とかがとことん頭に入ってこない。
うーん。単に私が興味が湧いてないからというのが一番大きい理由だとは思うんですが、
なんか妙に文字を追いにくい気がするんですよね。
文字のサイズが全体的に小さめなのと、フキダシの位置が妙?というか?

放課後とは逆に、フキダシが小さすぎるというのも問題なのかもしれません。
あと、さらりと亜紀子さんが38人も殺ってしまったんで、
もうこの漫画にはほのぼの路線が全然望めなくなってしまいましたね。
つうかこれもう、読者から見たら亜紀子さん完璧ネジの外れた人じゃねえか。キチすぎる。

・ゲーまん
漫研、他の部から依頼を受けるくらいの活動はしてたんですね。なんかいいな。
確かにここ最近部活真面目にやっていない風でしたが、
それでもちゃんと他の部活から頼られるくらいの実績はあるという事ですものね。
なんか一気に「部活として頑張ってる」感じがでてよかったです。
あと、他の部との争いで奪った備品(?)が山のようにある一方で、
漫研の備品も生物部に奪われていた、というオチも良かった。
こんだけ濃い面子の揃った漫研ですけど、
他の部と親交があって、しかも割とどっちもどっちな関係だった
という描写で、一気にこの漫画内の世界が広がった感じがしましたね。

・我が王に願う
うわタイトル下のリスト(?)見てる静さん可愛い
いかんいかんこの人ただの女装男子だよ。20歳越えの。
とはいえ静さんは先輩は立てるし同居人には優しいしで、性癖を別にすれば実際良い人なんだよなあ。
今年“も”ちみっ子にプレゼントあげる気でいるあたりとか良い人過ぎる…!
使うお金の量だけで愛情が決まる訳ではありませんが、
彼や風真さんが当然のようにプレゼントを上げるつもりなあたりはやはり気持ち良い描写です。
で、その辺と比較すると、
「マフラー・セーター・ケーキの手作り3点セット」を渡そうとしているつららはやはり凄いものがあります。
この娘、「重い」事は重々承知の上で、
それでも相手が引かないと踏んで行動する冷静さがあるあたりが、ただのストーカーキャラとは違う所ですよね。
実際風真さんはそこまでされても、
あんまり動揺しなさそうだし、下手すると好意に気付かなそうな気すらします。
もう玲さんとか、一生ツンデレをこじらせてるんじゃないかな…。
あと最後の4コマの彬のデフォルメ具合がなんか可愛い。

この饅頭顔がいい。夢が詰まってる感じがある。

・ゲマママ
配信までもネタにするかー…野月先生、本当に手広い。
ゲームという枠組みの中でこれだけ色んな物を楽しめるというのが羨ましくあります。
あと、最後の「みんなでワイワイ」を「本当だ!いつもやってる!」というのもまた羨ましい。
本当に、ゲームプレイの理想郷みたいな環境になっていますからね。

しかし「お前が買わないと安くならないじゃん」はやめたげてと思いました。
というかこれだけゲームプレイを楽しんで、漫画にしている野月先生なんだから、
資料名目で編集が用意してあげてっていうのは…駄目なんでしょうね。

・放課後プレイ
…別に後輩の寝込みを襲ってキスしようとしたのも、
その後教室でディープキスかましてるのも事実なんですから、「ちがうの!」でもなんでもないんじゃないでしょうか。
この漫画じゃ学校で行為に及ぼうがまるで驚きませんよ(達観)。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2014-12-15 23:47 : 電撃4コマ : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

相談相手の差が凄い
ちい奥
もともとがちい姉の夢みたいな感じ(子供日和と混同してるかも)で始まってるので、現在の情報が混じるのは、問題ないと思います。
むしろ、実能力にブーストかかってるぶん違和感はないですね。

ピープル
放課後

題材になってる二人とも、根が真面目で自信のないタイプなのでの仕方ないかなと思います。
下位互換云々に関しては、成る程と思いました、
2彼女さんは、自分からそういう行為をしたのが恥ずかしくて、知られたくない、ってとこだと思います。
個人的には、1彼氏の友情亀裂イベントの回避に流石だと感じました。
2014-12-28 07:20 : ピンクルーパー URL : 編集
Re: 相談相手の差が凄い
>>ピンクルーパーさん
ちい奥のファンタジー番外編ってそんな話でしたっけ。
以前にも灯姉さん出てきたはずなんですけど、その時から「大魔法使い」を自称してたのかまるで覚えていません…。

2彼女は…まあこれ言ったら(エロ系の)ラブコメ漫画は成り立ちませんが、
人に見られたくないなら人前でそんな事するなよと思っちゃいました。
2014-12-29 00:24 : ノノック URL : 編集
ちい奥
番外編はスタート時点で、(灯姉さんは)救国英雄ですね、国内の陰謀劇に嫌気がさして隠居中です。
コウくんは国よりも護衛を選んだ一兵士
今回登場せずでしたが、身の回りの世話役は、のりこさんですね。

能力の強弱は本編における灯さんの主観だと思っておけば大きなズレはないと思います。

放課後
寝てる相手にキスする行為自体は、昔の少年・少女漫画でもあるシーンなので、バレた後の反応の方がおもしろさ的には大事だと思います。(個人的にはおもしろかったです)
ゲーまん
高校時代の友人達は、漫画絵描いてるのを知ってる相手から、生徒会選挙の時等よく頼まれてたので、結構当たり前の風景だと思います。むしろない場合立場がかなりヤバイ。
2015-01-01 07:19 : ピンクルーパー URL : 編集
Re: タイトルなし
>>ピンクルーパーさん
ちい奥番外編ってそんな話だったんですね…なるほど。
案外オタク少女と近い感じなんですね。そのうちごっちゃになりそうな悪寒。

>漫画絵描いてるのを知ってる相手から、生徒会選挙の時等よく頼まれてたので、結構当たり前の風景だと思います。
そういうものなんですね。
偏見十割なんですが、そういう真面目な活動は美術部の受け持ちになりそうな気がしたんで、ちょっと意外。
というか私の高校は生徒会選挙のポスターとか無かった気がします。どうだったかなあ…。
2015-01-01 23:31 : ノノック URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。