CLUBゲーム倶楽部14話(電撃4コマVOL.224)感想。


夏休みはスルーするのかと思いましたが、そんな事はなかったクラゲ部です。
今回は嬉し恥ずかしお泊り会。当然お風呂もあるよ!

・壱さんの友人、って…。
壱さんが回想していた友人2人。

この右の娘、『JC探偵でぃてくてぃ部』の今井ささめさんじゃないですか。
機械いじりの得意な娘でしたから、工業高校に行ってるというのも気づいてみれば自然な話。
壱と同い年とは気づきませんでしたが…照葉や詩とは別の学校なんでしょうか?
あと、彼女とお泊り会なんかやったら、壱さん容赦なく盗撮されそうな気がしますが、
それも大丈夫なんでしょうか?

左の娘は誰かよく分かりませんが、他の鈴城作品に出てましたっけ?
なんとなく、『くすりのマジョラム』あたりの背景に居たような気もするのですが…。

・すうママとのファーストコンタクト。
ともかく男女に分かれてお泊り会に。
流石にすうは親に許可が必要ということで、すうママと壱さんの初めての遭遇です。
なんだかんだで、すうに寂しい思いさせてる自覚はあるみたいですし、お金を貯めるのもすうのためと、
良いお母さんではあるんですよね…最初は児相案件だと思われていましたが…。
「良い成長してるのあなたたちのおかげっぽいから任せるざます」というのも、理解ある良い台詞だと思います。
しかしホント、なんで「ざます」語尾付けようと思い立っちゃったのかしら

・女の子のカバンの中身は…。
工助の心無い行為(お泊り準備の確認)に思わずビンタしてしまうすう。
なんか、すごく女の子していますねすうちゃん。
そういえばこの娘は最初の頃、工助にパンツ見られたときもすごく赤面していましたし、
そういう所を恥じらう気持ちはいっぱしのレディという感じですね。
それに対する工助は、まだそういう扱いせずに、純粋にお兄ちゃん目線で対応してしまうという、
このちょっとした気持ちのズレが、年の差恋愛の醍醐味ではないかと思うのですがどうか。芹先生、分かってる。

さて、すうがそんな感じで女の子している一方で、
平気で弟に荷物チェックしてもらう辺りは、安定の歩(中学2年生)。
そして夏休みの宿題は「開き直って全くやらないタイプ」という、まさにポンコツ。
前回ちょっとだけ進歩したものの、全くこのへんがブレないのは流石です。
なんかもう、走が万能すぎるのも問題である気がしてきましたが…。

・賞状少女壱さん。
壱さんの部屋には無数の賞状が!
工助の言っていた「めくれたスカートとパンツのポスターを(沢山)貼った部屋」というのもそうですが、
この「大量の賞状を全て額縁に入れて飾ってある部屋」も、ちょっとした恐怖を感じますね。いや、すごいはすごいんですけど。
これが壱さんの「褒められたい願望」から来ているものだとしたら、感心する反面、ちょっと心配になります。
壱さんはさり気に一番心に陰がありそうだし…。

それはそれとして、「警視総監賞」とか貰っている壱さんはホント何やってるんでしょうか。
というか、これ下手したら照葉(でぃてくてぃ部)にとって、
長よりも手ごわいライバルに成り得るんじゃないでしょうか。
今のうちに、ささめ経由で協力体制築いた方が良いような気がします。
まあ、壱さんは魔女なんで、照葉の目指す『探偵モノ』として登場するのはNGなんでしょうけどね。

・走、不発。
お手伝いが不発に終わって、悔しがるというか、ぐぎぎぎと滅茶苦茶に落ち着かない様子の走。
どうも遊びに行った先でお手伝いしないとこうなってしまうようで、もうこれお母さんじゃねえか。
というか、「お仕事忙しいときにお邪魔してすみません」という台詞は、
小学4年生の発言とは思えません。気遣いの鬼か。

しかしこの走君の気遣いの出来る家庭的な所と、
壱さんの「多才だけれど、あまり料理は得意じゃない」というスペックは、
なんかとても相性良い気がするんですけど、芹先生の事だから狙ってるんじゃないかなあ。

・みんなでお風呂タイム。
お泊り会なので、みんなでお風呂に入ります。お泊り会だからしょうがない。
歩の下着姿にコメント特になしなのも酷いですが、壱さんの「ブラしてるのだな」というさり気ない一言がより酷い。
中学2年生なんですよこの娘(真言は中1で下着屋さんに「まだ(ブラは)要らない」って言われてましたけどね)。

そしてとうとう言及された、遊亀家、姉弟一緒にお風呂に入ってる件
これは実際どうなんでしょうね…歩は女性として意識できない、というのは確かですけど、
この姉弟混浴が、歩側に女らしさが身につかない一因になってる気もしますし。
しかしいくら何でも壱さんと走の混浴は無しでしょう。
背中拭くだけであれだけ興奮していた壱さんですし、混浴なんてしたら最悪倒れるのでは…。

・「すう今度は工助お兄ちゃんの家にお泊りしたいざます」
流石にそれは許されないよすうちゃん…。
すうママもそれは許可出さないだろうし、工助親もいくらなんでも止めるはず。
こういう事を気軽に言い出しちゃうのは、小学生らしい純真さですねー。
いや、まあ…中2の時に意中の男子高校生を部屋に泊めた葵という前例もあるんですけどね。
比べてみると、悟と葵はやっぱりどこかおかしいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2015-10-05 00:41 : CLUBゲーム倶楽部(電撃4コマ) : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード