スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

6月27~28日に神戸・大阪に行ってきました(後編).


6月27~28日の神戸大阪旅行の後編です。
って、気が付けばもう一ヶ月経ってしまっていますね。流石に遅くなりすぎました。

朝7時過ぎ。ホテルを出たら、まずは大阪城へ向かいます。
今大河ドラマの真田丸で注目されていますし、折角大阪まで来たのだから行くべきでしょう。
小雨混じりの空模様ですが、傘を差して大阪城公園を歩くのも中々乙なもの。

という訳で大阪城です。でけえ。
しかし丁度海外(恐らく中国)の観光客集団とバッティングしてしまい、
大手門を潜った所で人が詰まって進みにくい状態になっていました。リアルに城の守りに阻ませれ感。
結構混雑していたので、城内には入らず、早々に後にします。
しかしここ、本当に広いですね。ちょっと舐めていました。

神戸に戻り、
昨日に続き、「神戸街めぐり1Dayクーポン」を購入。
地下鉄で大丸前駅へ赴き、神戸中華街へ足を延ばします。
ここは横浜の中華街より小規模ですが、
その分あまり広範囲をウロウロする必要が無いのは(大阪城公園を散々うろついた身としては)良い所かなと思います。
出店も十分迷えるくらいには充実していますしね。

という訳で、北京ダックのクレープ的なものを食い歩き。
ちゃんとした店で北京ダックを食べた事が無いのでこれがどれくらい正確なのかはよく分からないですが、
正直、そんなに美味しいものじゃないかなーと思います。
(甜麺醤の甘さがあんまり好きじゃないからそう思うのかもしれません。)
他に焼き小龍包も食べました。こっちの方が好みかな。


次に、折角だし神戸の餃子を堪能しようと、元祖ぎょうざ苑に入ります。
ごはんセットだと食べきれない気がしたので、敢えての単品での注文。
ここは珍しい事にタレが味噌なんですね。
中華料理店特有の皮モチモチ、肉餡のガッツリした美味しい餃子でしたが、
欲を言えば、もうちょっと餡に味が付いていた方が好みだったかなーと思いました。
味噌ダレは…正直、醤油で食べた方が私は好きかなー。
まあ醤油+餃子の組み合わせに慣れすぎていた分、違和感が先立ってしまったというのが正解か。
完食した頃にはお店も混んできたので、さっさと退席。

今度は新長田に向かいます。
目当てはこの、

等身大鉄人28号像!
ビルの街にガオーッ!とポーズを決める鉄人の姿はインパクトが有ります。
なんでもここ新長田は横山光輝先生に縁の深い地らしく、
そのため街中には鉄人仕様の街灯や横光三国志の展示があったりします。
少し前は『三国志ガーデン』というミュージアムもあったらしいのですが…残念ながら5月で閉館してしまったようです。
しかし、グッズショップの三国志ギャラリーに元三国志ガーデン展示物の一部が展示してあるそうなので、お邪魔して色々見させてもらいました。
横光三国志に限らず、蒼天航路など、他三国志作品の情報も細かく載っています。
(黒歴史のアニメ版蒼天も…。)

ただ、個人的には、横光先生の作品だと、三国志より、
『伊賀の影丸』や『バビル2世』の方が印象強いんで、そっちももうちょっと取り扱ってくれると嬉しかったなあとは思います。
(横光作品全部集めようとすると、収集つかなくなるとは思いますが。)

さて、神戸で最後に寄るのは、神戸どうぶつ王国です。
神戸空港からポートライナーで一駅という近さで、
更に「神戸街めぐり1Dayクーポン」の「神戸街遊券(700円分特定施設の入場料を支払える)」の対象施設にもなっているので、
昨日と今日の街遊券を合わせて1400円分を賄えます(複数枚使えるのはえらい)。
100円だけ財布から出して、いざどうぶつの王国へ。

ちなみにこのどうぶつ王国。外観はこんな感じで正直全然ワクワクしないのですが、


中に入ると世界一変!これですよ!レッサーパンダですよ!


このモフモフ感。ぶっとい手足。たまりません。
餌やり体験もできます。ほんと可愛いですね。


また別のエリアでは、カンガルーの集団が…あれ?別の混ざってる!
なんかごく自然に一緒に居たのでスルーしかけましたが、シカとカンガルーの多種飼いがされていました。
他にリクガメもいたりして、ちょっとした天国気分。
そして、ここは檻や柵が無いので、動物も普通に通路に入ってきます
一応、芝生内への人の立ち入りは禁止となっており、画像の通りロープも一本張ってあるのですが、
動物側がまるで警戒せず、人に近寄ってくるのです。
カンガルーの一匹なんて、人が通っている中、

おもむろにゴロン。
手を伸ばせば届く距離で横になる、野生では生きていけないだろう無防備ぶりを見せてくれました。
ほんと平和ですね。


他エリアでは、ここ十年くらいで一気に知名度の上がったハシビロコウさんも当然居ます。
ここも柵や檻はありませんが、流石にハシビロコウは人の手の届く距離には来ませんね。
しかし上のカンガルーと比べると、寝姿にも威厳がありますね。カッコいい。

あと注目すべきエリアとしては、『ペリカンラグーン』という地域。
ここではその名前の通り、ペリカンを初めとして色々な鳥が自由にうろついているんですが、

ワオキツネザルもまた、自由に動き回っています昨日観た!
奇しくもニフレルと同じように、柵のないエリア内を人など居ないように自由に飛び跳ねるキツネザルたち。
やっぱりこの自由ぶりはすごいですね。見ていて本当に飽きません。

子供を2匹背負ったお母さんも、間近で撮影できました。
子連れの動物って気性が荒くなるものだと思っていましたが、こんな人が近くて平気なんですね。

そしてどうぶつ王国と言えば当然、

ふれあい動物エリアも完備!!!!
犬猫ウサギを、(動物の機嫌が許す限り)もふもふできます。
猫はやはりあんまり人にベタベタされたくないのか、
撫でてもすぐに高い所に逃げてしまう子たちがほとんどなのですが、

犬は呼ばなくとも自分から寄ってくる子が居たりして、好きなだけ撫でられます。
一応犬エリアと猫エリアは区切られているのですが、何故か猫エリアに入りたがる犬がいたりと、
撫でずとも見ているだけで十分面白く、時間がどんどん過ぎていきます。


ウサギのふれあい広場では、最早ウサギかもよく分からない毛玉ペアがインパクト有りました。
いやウサギなんでしょうけど、珍獣感ありますね。

結局閉館時間(17時)まで居ました。やっぱり2時間じゃ観て回るのに全然足りないですね。
最低3時間は楽しめると思うので、次来るときはもうちょっと余裕見て来よう…。
以前に那須どうぶつ王国にも行きましたが、正直言ってこっちの方が好みかもしれません
敷地的には、那須の山中に広大な面積を持つなすどうに対して、
こちらはそこまで広くないコンパクトな作りになっているのですが、
その分あちこち観て回るのも楽ですし、ほとんどが屋内であるため、
エリア内を柵や檻で囲わない、自由に動物たちが移動できる作りになっている展示が多いのも楽しい。
ゾウやライオン、ゴリラなど、大型の動物はいませんが、「仕切り」が無い中で、好きなだけ動物を観察できるのは貴重です。
ぶっちゃけニフレルも完全に食われちゃいましたからね。(まさかワオキツネザルが被るとは…。)
今回の旅で一番楽しかったかもしれません。

どうぶつ王国を出たら、18時の便で茨城空港に帰り、そこから栃木に戻ります。

行きでは気づきませんでしたが、茨城空港にこんなん貼ってありました。ガルパンすげえ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2016-08-04 20:48 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。