スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

久しぶりに東京見学日記(秋葉原~上野~日暮里)


おおよそ3ヶ月ブログを放置していましたが、私は元気です。
リハビリがてらの東京散策日記。


初めは秋葉原で漫画を買うついでにゲーセンに行きます。
アキバのゲーセンにはレゲーが置いてある店が多いのが嬉しいですね。
久しぶりなので、いくつか楽しんできました。

・ぐわんげ
ケイブ発の異色和風式神縦シューティング。
エスプレイド以降、自機が人の弾幕STGも多く出ましたが、
空を飛ばず、地形の概念もある弾幕STGというのはなかなか珍しい(はず)。
妖怪がわんさか出てくる世界観と、秀逸な音楽に惹かれて稼動当時から見かける度にちょこちょこやっていましたが、
未だに1コインで3面が越えられません。
今回は源助(眼鏡。開始デモが一番好き)使ってやりましたが、やはり3ボス猫蜘蛛で死亡。
3面後半の墓場地帯で次から次に湧いてくる幽霊と、
そいつの処理にかまけているとぼんぼこ弾を吐いてくる壺姫の複合攻撃が本当に厳しくて、
あそこから先はもうどうしていいのか分からんです。

・デススマイルズメガブラックレーベル
ケイブ発の異色ゴスロリ横シューティング。
世界観的にはぐわんげと真逆ですが、よくよく考えれば同じ会社、同じキャラデザ担当ですね。
無印は昔頑張って、アーケードSTGで唯一1コインクリアした事がありましたが、MBL版は初プレイかも。
使用キャラは、当時使い慣れていたローザさん。
見た目の好みで言ったら、眼鏡まんじゅうのフォレットさん一択!なのですが、
どうしてもオプションの火炎放射が使いこなせなかったで、この超火力おばさん使っていました。
しかし、無印からの変更点もあるにはあるのでしょうけど、全然上手く扱えず、
5面あたり(死神)で死亡…そもそもレバー操作を忘れてる感じもありますね。
あと、ボム抱え墜ちがホント多かった。昔は「ヤバい」と思ったらボム撃ってたのになあ。

・ファンタジーゾーン
SEGAが1986年にリリースした横スクシューティング。
もう30年以上前の作品ですが、非常にポップなグラフィックに、サンバ調の音楽、
STGでありながら任意スクロール、SHOPでの買い物、前線基地を全て壊すとボス出現…と、
今観ても個性的なタイトルだと思います。
当時所持していたPCエンジン版では、
連射装置使ったり裏技で無敵プレイで遊んでばかりで全然意識していませんでしたが、
自機のショットはほぼ正面にしか飛ばず、ボムもしっかり狙わないと当たらない、
ショップで買える武装は強力だが、時間制or回数制で常に頼る訳にはいかない、という作りなので、
自然と「ザコ機体の攻撃を躱しながら、敵基地にボムを繰り返し当てて破壊する」という、
下手したら他STGよりも現実的な「戦闘機」的挙動が求められるゲームなんですよね。
とはいえ、このゲーセンではショット連射ボタンが付いていたので、実質ショット大幅強化で大分楽になります。
考えてみれば、ゲーセンでファンタジーゾーンやるの初めてだったので、
慣れないレバー操作の挙動に戸惑いながらのプレイでしたが、頑張って5面ボスのポッポーズまでは行けました。
もうちょいスマートボム買いまくっても良かったかも。

・ファイティングレイヤー
アリカが出した3D格闘ゲーム。
家庭用移植されていない割とマイナーな格ゲーですが、
操作感は悪くなく、爽快で遊んでいて楽しいゲームです。
そして一度プレイした人にはちょっと忘れ難い濃さ…というか、バカゲー感があります。
なんてったって、サメとガチで戦える格ゲーですからね。そんなんこのゲームの他に知りません。
キャラは昔使ってた、主人公(?)の加藤鉄雄を使います。
使いやすい素直な性能(正拳突きブンブン振るだけでそれっぽくなる)というのもありますが、
超必でズンズン連続正拳突きを放つ姿のインパクトが強すぎました。しかも技名が『漢祭り』
格ゲーで鉄雄と言えば、K9999の印象が強いですが、こちらの鉄雄もなかなか濃いです。
それなりに頑張って、見事サメに食い殺されました。サメが相手じゃしゃーない。

今ちょっとネットで攻略情報漁ってみたら、
ニコニコ動画にサメ戦攻略動画という、これ以上無くピンポイントな動画がありました。
しかもこれが今年の1月にアップされたというのがまたピンポイント。

そうか、サメの突進と尻尾攻撃はセットだったのか…。
突進ガード後に反撃しようとして、尻尾カウンター喰らってました。
(しかしファイティングレイヤー好きでサメ映画好きでmozellさん好きとか、動画の人の趣味良いなあ。)

・超鋼戦紀キカイオー
カプコンが放つ3Dロボット格ゲー。
どこかで観た事あるようなコンパチロボットたちの殴り合いが楽しめます。
とにかく「ロボアニメ」を意識した作品なので、
格ゲーとしては、珍しいくらいにストーリーモードが充実しているのも特徴ですね。
使うのは、当然漢の機体、重装甲陸戦兵器ワイズダック!!
ジャンプできないけど、スーパーアーマーとパイルバンカーで黙らせる重量級です。ストーリーまで重い…。
久々のプレイでしたが、元々の操作が割とシンプルなためか、
意外と仕様を覚えていて、サクッとクリアできました。隠しルートの方だけど。
※ワイズの隠しルートの簡単なあらすじ
ゴンザレス隊に配属された新兵アービンは、
「敵の拠点化を防ぐため民間人の村を焼け」という軍の無慈悲な命令に反発するが、隊長に叱責される。
不満を胸に抱えながら眠りにつくが、次の日、目を覚ますと、それは見知らぬ地。
謎の現象によって、隊は「猿が機体を操り、人間と戦争をしている世界」に転移してしまったのだった。
義憤に駆られる隊は「正義のため」に機体を駆り、猿の軍隊と戦い、ついにこれを打ち破る―
というのは、アービンが死ぬ間際に見た夢?だった。
現実には、反発したアービンは隊長にその場で殴り殺されていた。
アービンの面倒を見ていた隊員は「次はもっと良い時代に生まれてこい」とアービンの亡骸に告げる。

本当に救いようのないバッドエンドだけれど、
酷い性能のラスボス機体ゴルディバスが出てこないから通常ルートよりクリアは確実に楽です。
基本的にワイズダックは接近してAAと6Aのガード崩しをブンブン振っていって、ガード崩せたら46A(ブルブレイカー)をブッ刺す。
距離が離れて相手にちょっとした隙が出たらダッシュBのラリアットで轢く。敵が浮いてもダッシュBで追撃。
敵が倒れたらとりあえずJボタンで地雷設置。ゲージは46AB(フォトンキャノン)を敵の隙にぶち込む。
くらい覚えておけばなんとかなる気がします。

バランスはあまりよくないと言われるこのゲーム、
例えば、実質のガードゲージであるアーマー耐久値が、
「ガードヒットに関わらず近接攻撃で減少し、しかもアイテム取得以外で回復しない」という仕様なんかは酷い気がしますが、
ワイズで地雷設置を混ぜた近接戦でガリガリアーマー削るのはやっぱり爽快です。
CPU戦を楽しむのはこれくらい大味の方が良いかもしれないですね。

ゲーセンを後にして、昼飯食べたら上野に移動。
この日(3月20日)は上野動物園の無料開放日との事なので、折角なんで行ってみます。
、当然ながら人多すぎで、じっくり動物の写真撮って回るなんてできません。
屋外はまだしも、屋内施設は進むも戻るもできない状態になっていました。
こういう状況なので、東園で写真を撮れたのはプレーリードックくらいのもの。

園内の客の多さは気にしてないのか、のんびり日向ぼっこをしている様には癒されます。
さっさと西園に移動。東園~西園間の橋も酷く混雑していて渋滞が発生していました。

西園のアイアイのあたりまで来ると、さすがに人ごみは無いですね。
ここで脚光を浴びるのがフォッサという聞きなれない動物。
さり気に日本で見れるのはこの上野動物園が唯一という激レア動物なんですが、
サービス精神が旺盛なのか、単に落ち着かないのか、
寝床側と檻側を常にウロウロしており、非常に写真に撮りやすいかわいい奴です。



本当にかわいい。ちょっと父性に目覚めそうになりました。

ある程度観たら、人ごみは避けてそそくさと退園。
帰り道、上野公園内の神社で猫発見。
「撫でさせてはくれないけれど、近づいてくる」くらいの距離感の猫。いい子や。


猫と戯れたあと、日暮里に移動。ちょこちょこと谷中銀座を観て回ります。
谷中銀座というと安くて美味しい惣菜が話題に上がりやすいですが、
個人的には一口饅頭のお店が良かったです。
十個で200円弱の値段なんで、数種類買っても値段的には600円弱と非常にお得感があります。
谷中銀座自体は散々色んなところウロついた後なんで、ささっと観て退散。
ここは思ったより小さい印象ですね。
猫に会えるかもと期待していましたが、今日は猫運を上野で使ってしまい、会えずじまいでした。

駅東の、目をつけていた銭湯、『斉藤湯』でひとっ風呂。
東京で駅近ながら、お安い価格で良いお風呂に入れます。
理想を言えば、もうちょっとお湯は熱めのほうが好きですが(あつ湯でちょうど良いくらいでした)
460円と、非常に安い値段でキレイな銭湯に入れるのですから、これは良い。
サッパリしてから帰路に着きます。良い旅でした。

関連記事
スポンサーサイト

2017-03-28 12:08 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。