「スーパーロボット大戦Z」クリアー!

スーパーロボット大戦Zスーパーロボット大戦Z
(2008/09/25)
PlayStation2

商品詳細を見る


なんとか二次Z発売を前にしてクリアーしました。
主人公はランドで難易度はノーマル。
攻略本&全滅プレイ使用の超ゆとり仕様ですが、なかなか面白かったです。
容赦無くネタバレしていますので、未プレイの方は注意してください。

続きを読む

2011-04-07 23:39 : ゲームレビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ゲームレビュー「悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印」

悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印
(2008/10/23)
Nintendo DS

商品詳細を見る


シャノアとアルバス、両方でクリアしたのでレビューします。
結構楽しめた作品でしたが…。

続きを読む

2010-08-07 20:32 : ゲームレビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ゲームレビュー 「真・女神転生 ストレンジジャーニー」

真・女神転生 STRANGE JOURNEY(ストレンジ・ジャーニー)真・女神転生 STRANGE JOURNEY(ストレンジ・ジャーニー)
(2009/10/08)
Nintendo DS

商品詳細を見る


 一応クリアしたので、レビューも書きます。
あらすじ程度ですが、ちょっとしたネタバレはありますので、
未プレイの方は注意してください。

とりあえず、メガテン好きの私としては、かなり満足できる出来でした。

続きを読む

2009-11-20 18:17 : ゲームレビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

レビュー 幻想水滸伝ティアクライス

 
幻想水滸伝ティアクライス幻想水滸伝ティアクライス
(2008/12/18)
Nintendo DS

商品詳細を見る


 最後の締めにレビュー。
ちょっとばかし辛めの評価になった気がします。

とりあえず私は今回wi-fi未接続である事と、幻水シリーズは1・2しかやってない事を断っておきます。

続きを読む

2009-09-05 00:01 : ゲームレビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

「ウチにスト4は要らねえな。餓狼伝がある」餓狼伝Breakblow fist or twist レビューその2

 
餓狼伝 Breakblow Fist or Twist餓狼伝 Breakblow Fist or Twist
(2007/03/15)
PlayStation2

商品詳細を見る

 
 前回書いたので終了の予定だったんですが、
まだまだ褒め足りないという事に気付いたので、レビュー2つ目です。

続きを読む

2009-08-23 12:46 : ゲームレビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

「闘りてェ…!!」餓狼伝Braekblow Fist or Twist レビュー

 誰か初めに言い出したかは知りませんが、「キャラゲー=クソゲー」という考えが、ゲーマーたちの間には少なからず、むしろ当然と言った形であります。
 否定はしません。キャラゲーの大抵は、微妙な出来のものが多いです。システムがありきたりな物であったりとか、操作性が悪かったりとか、そういったまさに微妙なキャラゲーは多く存在します。(酷い物だと、そこに「原作からかけ離れたキャラの言動」が加わります。「原作があるのに、原作ファンが楽しめない」という最悪のケースです。)
いちいち名前は挙げませんが、私もいくつかはそういったゲームをプレイしてきました。
 キャラゲーというのは、高い確率で地雷でしょう。若いうちはそうだと知らずに手を出し、分別も付き世の中も分かってくればそうと知りながら、愛故にあえて手を出す、そんな悲しいファンたちの愛憎詰まった悲しいゲームだと思われがちです。

 しかし、そんなキャラゲーの世界でも、わずかですか、しかし確実に、
面白いキャラゲーというのは、存在するッ!!!

餓狼伝 Breakblow Fist or Twist餓狼伝 Breakblow Fist or Twist
(2007/03/15)
PlayStation2

商品詳細を見る


 という訳で餓狼伝FOTです。
餓狼伝ゲーム化2作目にして、前作にあった不満点を解消し、キャラ・システム共に大きな追加要素を入れてリリースしたこの作品。ただのキャラゲーと切り捨てるにはあまりに惜しい。
正直、キャラゲーを抜きにしても、PS2の格闘ゲームで1,2を争う熱いゲームでしょう。

 原作を簡単に説明すると、「餓狼伝」は元々、夢枕獏先生の書く、主に空手とプロレスに主軸に置いた、異種格闘技小説です。最初期(1985年)のあとがきでは、夢枕先生、「5巻ほどで完結させる予定で…」などとおっしゃっておりましたが、未だ完結しておりません。
 後に「グラップラー刃牙」でお馴染みの板垣恵介先生の手によって漫画化し、こちらも現在も連載中です。

 どちらも大まかなストーリーは、流浪の格闘家・丹波文七が、真剣な異種格闘技戦を行おうとし、それに同調した様々な人たちによって、今まで有り得なかった真剣勝負の戦いが起こり始める…という物語でした。
 (以後ここでは、夢枕先生の小説版を「原作」板垣先生の漫画版を「漫画版」と表現します。)

続きを読む

2009-08-21 20:37 : ゲームレビュー : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
« 前のページ  ホーム

プロフィール

ノノック

Author:ノノック
文章の苦手な文系。
ゆとり直前世代のゆるゲーマー。
ほのぼの漫画が好き。
2016年2月ブログ名変更。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード